ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

a1380_000066

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう!

1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つのグループに分けて、がん告知から病気の受け止め方によって死に至る経過がどのように異なるかを10年以上追跡した調査結果が以下のとおりです。

A 自分からがんに打ち勝ってやろうと闘争心をもって治療に積極的に取り組んだグループ

B 自分はがんではないと決めつけたり、癌でも大丈夫と積極的な逃避をした人たち

C 静かな態度で冷静に受け止め、特に自分にはできることはない。と医者に任せたタイプ

D 絶望感に陥り、恐怖感に苛まれ続けたタイプ

経過は一目瞭然で、13年後の生存率は、Aが約8割、Bが5割、Cが約3割、Dは1割強という結果になりました。

このデータから見ても、患者自身の心の持ちようによって、同じ治療を受けた場合でも結果がまったく異なることがおわかりいただけるのではないでしょうか?(『がんは気持ちで治るのか』より)

この他にも、心と治療結果の相関関係については、サイモントン博士氏も研究され、患者が積極的に闘病に取り組むようにさせる療法を作り上げたのです。

ワイル博士は、積極的に取り組むことが治療に成功する条件として次の2点を挙げられています。

1.否定的見解を認めないこと。

医師から、治る可能性がないと言われても、否定的見解は一切受け入れることはせず、どこかに救いの手があるに違いないと希望を捨てることをしない。

2 積極的に助けを求める

自然的治癒に成功した患者さんたちは、見込みがありそうな治療法を探し、本屋新聞雑誌の記事を読み、図書館に行き、著書に手紙を書き、友人や隣人に助言をもとめ、可能性がありそうな治療家をたずねてはるばる旅行をした。(『癒す心、治る力』より)

ご自身やご家族の現在の気持ちは癌へ闘うための十分なエネルギーは蓄えられているでしょうか?

癌は消える。末期ガンでも治すことができる。そう信じて全力で闘って行きましょう。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る