12cm拳大の肺がん手術を乗り越え奇跡を起こした休眠療法とは

2015-03-07_192828

12cm拳大の肺がん手術を乗り越え奇跡を起こした休眠療法とは抗がん剤の副作用が怖い。

標準治療を受けたくないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人に注目していただきたい治療方法が休眠療法という治療法です。

癌を全滅させるには、正常細胞をも死滅させ、同時に
重要な臓器の器官や機能を低下させることにつながります。

現代の標準治療は体の中のほんのわずかな敵のために、
原子爆弾を落とすようなものですね。

医師によっては、ガンで死ぬのではなく、抗がん剤により殺されるのだと
主張している医師もいるくらいです。
一時的に癌を消すだけ、目の前の癌を取り去るとことだけを
第一目標にする標準治療とは違い、癌を休眠状態にして
癌と共存することにより、副作用を最小限にし、
生き続けることを可能にしています。

進行がんで医師から手の施しようがないと緩和治療を勧められた患者さんでも、
この休眠療法で生き続けている患者さんはたくさんいるようです。

今回ご紹介する肺がんの患者さんは、12cmという拳ひとつ分ほどの
大きな癌を摘出後、休眠療法を採用し、
その後再発は確認されていないそうです。

2015-03-07_194626

通常12cmの肺がんといったら医師も匙をなげるほどの
末期の状態といえるでしょう。

これほど大きな癌が体内にあるということは、無数の転移が
体内に存在することは間違いないといっても過言ではない状態です。

この状況で3年以上生存し、その後再発の様子がないことから
医師は完治といっても良いレベルであると話しています。

この患者さんは、自信の癌細胞から作った
自家がんワクチン療法・低用量抗がん剤治療を取り入れ
治療を行っていました。

通常の病院では水レベルといわれるほど、薄い抗がん剤で
このような効果があるということは、信じがたい事実ですが、
患者の癌細胞・体力に合わせた負担の少ない治療を行う病院が
あるという事実は患者にとってとても心強いことではないでしょうか。

大量に打てば打つほど儲かる抗がん剤。
現代の医療機関は、患者の命よりも収益を優先。
患者は大事なお客様。
このような現状が薬漬け医療を引き起こしているのかもしれません。

本当に患者のことを考えた医療・命を救える医療を行う医療機関が認められ、
増えることを願いたいと思います。

今回ご紹介している末期肺がん克服症例の詳細情報はこちらです

関連記事

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

NK細胞

2017.2.13

笑いと免疫力の密接な関係【笑いは癌の治療を助けてくれる名医だった!】

お金をかけずに免疫力を劇的に上げる笑いの効能!NK細胞の活性率が急上昇 ある笑いと免疫力の調べで、たった40分の落語を聞いた後、唾液の検査…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る