12cm拳大の肺がん手術を乗り越え奇跡を起こした休眠療法とは

2015-03-07_192828

12cm拳大の肺がん手術を乗り越え奇跡を起こした休眠療法とは抗がん剤の副作用が怖い。

標準治療を受けたくないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人に注目していただきたい治療方法が休眠療法という治療法です。

癌を全滅させるには、正常細胞をも死滅させ、同時に
重要な臓器の器官や機能を低下させることにつながります。

現代の標準治療は体の中のほんのわずかな敵のために、
原子爆弾を落とすようなものですね。

医師によっては、ガンで死ぬのではなく、抗がん剤により殺されるのだと
主張している医師もいるくらいです。
一時的に癌を消すだけ、目の前の癌を取り去るとことだけを
第一目標にする標準治療とは違い、癌を休眠状態にして
癌と共存することにより、副作用を最小限にし、
生き続けることを可能にしています。

進行がんで医師から手の施しようがないと緩和治療を勧められた患者さんでも、
この休眠療法で生き続けている患者さんはたくさんいるようです。

今回ご紹介する肺がんの患者さんは、12cmという拳ひとつ分ほどの
大きな癌を摘出後、休眠療法を採用し、
その後再発は確認されていないそうです。

2015-03-07_194626

通常12cmの肺がんといったら医師も匙をなげるほどの
末期の状態といえるでしょう。

これほど大きな癌が体内にあるということは、無数の転移が
体内に存在することは間違いないといっても過言ではない状態です。

この状況で3年以上生存し、その後再発の様子がないことから
医師は完治といっても良いレベルであると話しています。

この患者さんは、自信の癌細胞から作った
自家がんワクチン療法・低用量抗がん剤治療を取り入れ
治療を行っていました。

通常の病院では水レベルといわれるほど、薄い抗がん剤で
このような効果があるということは、信じがたい事実ですが、
患者の癌細胞・体力に合わせた負担の少ない治療を行う病院が
あるという事実は患者にとってとても心強いことではないでしょうか。

大量に打てば打つほど儲かる抗がん剤。
現代の医療機関は、患者の命よりも収益を優先。
患者は大事なお客様。
このような現状が薬漬け医療を引き起こしているのかもしれません。

本当に患者のことを考えた医療・命を救える医療を行う医療機関が認められ、
増えることを願いたいと思います。

今回ご紹介している末期肺がん克服症例の詳細情報はこちらです

関連記事

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る