5人の医者が実践指導する癌治療中の注意事項

癌を治す

5人の医者が実践指導する癌治療中の注意事項

1.患者自身が治すという意思を持つこと。

医者にまかっきり、頼りっきりで治療を受けない。
がんという病気は、手術や薬だけで一時的に治ったように見せることはできても、
正常細胞とは比べものにならないほどの増殖力と頑固な生命力を持っています。
食事や生活、考え方すべてを変えてこそ、再発転移を防ぐことができるのです。

絶対に癌に勝つという意思を持って、毎日の生活を改善しましょう。

2.がん検査を頻繁に受けすぎない。

癌ができたということは、免疫力が低下している証拠です。
どんなに素晴らしい努力を行っても、免疫力が向上してくるのに1~2ヶ月、
癌が退縮するにはそれ以上の年月が必要になります。
そのため、3~4ヶ月は検査を受けても腫瘍マーカーやCT結果などでも
思うような結果が得られないことが多いのです。

3 副交感神経優位(リラックス)した生活を送り、免疫力を向上させる

自律神経には交感神経(活動的・緊張)と副交感神経(休息)の2つで成り立っています。
私達は日々、仕事や忙しい毎日に追われ、交感神経優位になりがちです。

交感神経優位になると、血管が収縮し血流が悪くなったり、白血球の中の顆粒球増大による。
すると活性酸素の体内損傷(遺伝子損傷による正常細胞の癌化)など悪い連鎖がおこってしまいます。

癌と診断された患者さんは、不安や恐怖が今までの何倍にもなるため、
精神的な部分でも大きなハンディーキャップを追うことになってしまうのです。

少しでも、癌は選択を間違わなければ、治癒できる病気であることを理解し、
余分な不安を取り除くことが重要です。

家族や周囲の人の不安も患者に伝わってしまうものですので、
みんなで癌の正しい知識を習得し、ポジティブに治療に向き合えるといいですね。

4.医者がもう大丈夫でしょう。という言葉を鵜呑みにしない

超初期の患者さんで、手術で幹部をすべて取りきれた人の再発のリスクが高いのは
どうしてだと思われますか?

それは、データによる5年生存率や医師からの「大丈夫でしょう。」という言葉を鵜呑みにし、
今までの食生活、働き過ぎなどの生活環境を変えようとしないからです。

つまり、癌は見えなくなっても、免疫力は低下したままですから、
癌が再発、又は新たに発生しても全くおかしい状況ではありません。

抗癌剤によるさらなる免疫力低下も大きく関係しています。

ほとんどの患者さんが笑って退院するのに、数年後にまた病院に帰ってくる。
この真実を頭に焼き付けて、その一人にならないようにするには
どうしたらよいのか。

しっかりと生活を立て直すことが最も重要ではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る