高血圧の治療法~降圧剤の副作用と心臓に負担をかけない代替療法

高血圧の代替療法

高血圧の治療法~降圧剤の副作用と心臓に負担をかけない代替療法春山茂雄医師の著書新脳内革命 春山茂雄71歳! 体内年齢28歳のレシピ
より、高血圧治療に使用される降圧剤治療の落とし穴について概要をご説明します。

まず血圧があがる原因を知ることが重要

血圧が上がる原因は、身体のどこかの臓器が「おーい。ここは血が足りないぞ!至急送ってくれ!」と信号を送っているからです。

その信号を受け取った心臓が、その臓器や器官に血液をどんどん送ろうと必死に動き始めます。これが血圧が上昇する仕組みです。

それを降圧剤で無理やり血圧を下げることは、助けを求めている臓器に必要な血液が供給されない状態となるわけです。

もちろん、血管が破れたり、脳溢血などのリスクを考えれば、薬もある程度は仕方がない面があります。

しかし、血液を必要とする臓器も血液がほしいと悲鳴をあげていることも忘れてはならないことです。血液が不足している状態を放置しておくと、いずれ臓器不全となってしまうからです。

腎臓なら、老廃物を排泄する腎臓の役割が果たせなくなり、人工透析が必要になります。

血管のつまりを防ぐ信号だったのにかかわらず、降圧剤で血圧を下げれば脳梗塞リスクも増えることになるでしょう。

血液を求めている臓器に血液を供給し、しかも心臓ポンプに負担をかけない方法

その答えは、第二の心臓である足の筋肉を鍛えることです。

ウォーキングなどを運動をして足の筋肉を作るよう、丁寧に説明し実行に導くのが高血圧の本当の治療法であり、健康づくりであると春山茂雄医師は主張しています。

春山医師のクリニックでは、血圧が180、200の患者さんが多く訪れるそうですが、脈が一定以上に上がらないように十分管理した上で、どんどん運動させます。

すると、血圧が20~30ストーンと落ちるそうです。

この体験を受けて患者さんは、血圧が高くて頭が痛いときは、家で寝転んでいるんではなくて、ちょっと歩いたほうが良いんだと考えるようになります。

第二の心臓であるふくらはぎの筋肉の動きで血液を十分供給させてあげれば、臓器から血液をくださいというサインは送られなくなり、心臓が必死に働くことから解放され、血圧が下がる仕組みです。

このような指導法は医師としては、まったく利益とならず儲からないため、採用する医師は少ないのが現状です。

身近に高血圧に悩んでいる人、降圧剤などの薬漬けになっている人がいたら、ぜひ上記の運動による高血圧治療法を伝えてあげてください。

参考文献




関連記事

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る