風邪をひいたらお風呂に入らない方がいい? 入ったほうがいい?

風邪とお風呂

風邪をひいたらお風呂に入らない方がいい? 入ったほうがいい?子供の頃は、風邪のひき始めはお風呂にはいるな。と言われたものでした。

しかし、免疫学を研究されている医師:斎藤真嗣氏によると、37度を少し超えるくらいの発熱であれば、

お風呂に入ってじっくり体を温めたほうが風邪は早く治せると説明されています。

お風呂に入って体が温まるとどうして良いの?

  •  血流がよくなる⇒体内に白血球(異物攻撃システム)の活性化
  •  体温が上がると酵素が活性化する(酵素とは、食べ物の分解、吸収、排出、新陳代謝、エネルギーを作り出すことなど体内の生命活動の維持に不可欠なもの)

⇒   免疫力の向上につながる

酵素は体温が37度台のときが最も働きがよく、白血球もまた同じく、体温が高いほうが能力を最大限に発揮させることができます。

風邪かなと思ったら、薬に頼るのではなく、お風呂にゆっくりつかり、いつもよりしっかり体を温めることで、体内のウイルスや病原菌との戦闘力を最大限に引き出し、自然治癒力を高めることができるようになります。

毎日のお風呂で体を温めることは、本当に健康を守る上で重要なことなんですね。

しかし、38度以上熱がある場合は、お風呂に入ることにより体温が上がりすぎて危険なことがありますので、控えたほうがよいとのことですのでご注意ください。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

NK細胞

2017.2.13

笑いと免疫力の密接な関係【笑いは癌の治療を助けてくれる名医だった!】

お金をかけずに免疫力を劇的に上げる笑いの効能!NK細胞の活性率が急上昇 ある笑いと免疫力の調べで、たった40分の落語を聞いた後、唾液の検査…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る