頸部食道がん手術をせずに4cmの腫瘍を消失させた症例からみる治療法

a1380_000580

頸部食道がん手術をせずに4cmの腫瘍を消失させた症例からみる治療法頸部食道がんの場合、現在の日本のスタンダードな治療方はまず手術で腫瘍を取り除く治療方針が一般的です。

しかし、声帯を切除することにより、言葉を話せなくなるうえ、この女性の場合は余命1年から1年6ヶ月という宣告を受けました。

夫婦で話し合い、セカンドオピニオンを求めベストな治療法を探した結果、低分子フコイダンと抗がん剤・放射線による治療法を選択しました。

 

2ヶ月後には、腫瘍マーカーが大幅に低下、日常生活に復帰された事例です。

治療を継続した結果、腫瘍は4cmから1.5cmに縮小、この時点でも主治医から手術をすすめられるも拒否し、抗がん剤とフコイダンの服用を継続、副作用も一切感じずに、頸部食道がんは消失しました。

このように、手術をせずに4cmにもなる腫瘍を消失することができるという事実をどれだけの患者さんが知っているのでしょうか。

 

この事例は、研究に基づいたがん治療の選択という書籍に掲載されている患者さんの事例です。

この書籍には、がん難民といわれる根治が難しいと言われた患者さんたちの多くの改善事例が掲載されています。

100%はどんな治療法にも存在しない。

治療法を選択する際、その実績をまず調べると思います。

ネットなどには、同じ治療法でも改善した患者さんと治療効果が思わしくなかった患者さんの事例が必ず存在します。

この時、どちらを信じるか、そして選択するかでその後のがん克服への方向性が決まるといっても過言ではないのかもしれません。

統合医療や代替療法で効果が上がらなかった患者さんの事例をみて、やっぱり無難に主治医の言うとおりに手術と抗がん剤、放射線を選択しよう。

そう思われる患者さんたちに伝えたいことは、本当にそれで大丈夫ですか?ということです。

患者さんの命を第一に考えた治療法である統合医療、医師の利益と効率を求めた治療法である現代医療。

私たち命を本当に救う可能性が高いのはどちらなのか。

もう一度考えてみませんか?

 

統合医療か一般的な治療法の選択か迷ったとき、後悔のない治療法の選択

主治医から治療法を指示されたときに、セカンドオピニオンを仰ぐ行為はとても勇気のいることです。

その主治医を遠まわしに信頼していないという印象を与えるとともに、怒り出す医師も少なくないからです。

しかし、上記のように余命宣告を受けても、ガンを治癒させたり、共存しながら生き続ける患者さんのほとんどは、このような逆境を乗り越えていることがほとんどです。

 

多くの生還事例を聞いてきましたが、手術・抗がん剤・放射線というごく一般的な治療法だけで治癒している患者さんはほとんど聞いたことがありません。

最善の治療法を探し、自分が信じられる治療法がみつかったならば、主治医にしっかりと自分はこうしたいという意図を伝える勇気を持ちたいものです。

権威のある病院の医師であれば、自分の治療方針に従わなければ、今後一切治療を行いませんと言われる場合も多く、患者さんはやむを得ず治療法を受け入れるという場合も少なくありません。

ガン治療のまず最初の難関。これが医師との治療方針の合意かもしれません。

3大療法の限界を感じ、統合医療・代替医療へシフトする多くの医師たち

日本の中でも最先端のがんセンターや大学病院で何十年もガンの患者さんを治療するなかで、その限界を痛感し、統合医療や代替医療へ生存の可能性を見出す医師は少しずつ増えつつあるようです。

なんとなく、統合医療や代替医療は怪しいといった風評被害などを聞いた人もいるかと思いますが、統合医療や代替医療に携わる医師のほとんどが、以前は西洋医学の最前線で患者さんと向き合っていた医師たちばかりです。

統合医療に治療方針を変えるきっかけは、医師のご両親や配偶者、妻といった親族のガン発病と西洋医学による治療への不信感がきっかけである医師がほとんどのようです。

やはり、仕事としての医療から、身内という本当に救いたい命への治療方針の違い。

ガンの治療方針を考える上での、大きなヒントになりそうです。

 

本当に患者さんの命を救いたい。そういう強い信念と意思を持っているお医者さんが、医療業界の向かい風を受けながら最良の治療を模索しているのが統合医療の世界です。

もちろん手ごわい癌との闘いに100%勝利できる治療法は今のところは見つかっていませんが、このような医師の元、すでに手遅れで手術が難しく余命宣告を受けた患者さんが一般的な治療法を行うよりも長く生存したり、中には腫瘍が消えてしまうという患者さんも多くいらっしゃるのも事実です。

ただし、今の日本のスタンダードが抗がん剤・放射線・手術による治療法がいわゆる医師たちの常識であるため、統合医療や代替医療を行っている医師の診察を受けなければ当然治療方針は三大療法によることになるわけです。

 

まず検査という時点から、病院の選択を慎重にするべき

調子が悪い、ガンの疑いがある。

そう感じたとき、とりあえず身近にある大きな病院を受診することが多いと思います。

そこで癌という宣告が下ったとき、手術をはじめとする治療法を提示され、そのまま三大療法のレールに乗せられる患者さんたち。

2人に一人が癌になる時代といわれている以上、家族がいつがん宣告を受けてもおかしくないわけですから、家族が癌になったらどんな治療法を選択するのか、どんな治療方針を提示してくれる医師の元で治療を受けたいのかを事前に知っておくことは、ガンを克服するための一番重要なターニングポイントになるようです。

癌と診断されてからでは、心の動揺や時間との闘い、命のリミットと病気への恐怖心などからベストの治療法を模索する余裕はほとんどないといっても過言ではありません。

どうしたら癌を予防できるのか、もしなってしまったときは、どのような治療法を選択すべきなのか、家族みんなで考えておきたいものです。

 

関連記事

ピックアップ記事

水素水がん治療

2016.9.30

世界三大奇跡の水『ルルドの泉・ノルデナウの水・トラコテの井戸水』と癌治癒の因果関係

世界三大奇跡の水でガンは治るのか? 治療困難の末期のがん患者でも奇跡の水でガンの治癒効果があがるのでしょうか。 ルルドの泉では、過去…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る