進行性直腸がん、肺、肝臓転移を克服した鳥越俊太郎氏

鳥越俊太郎大腸がん克服

進行性直腸がん、肺、肝臓転移を克服した鳥越俊太郎氏ジャーナリストで有名な鳥越俊太郎氏が癌と報道されてから8年が経ちます。

進行がんで5年後生存率10%と言われていた鳥越氏が、今も病気以前よりも仕事をこなし、元気に暮らしているというのは、がん患者にとっても患者家族にとってもとても心強いことです。鳥越氏のインタビューからどのように病気と闘ってきたのかを参考にさせていただきたいと思います。

 

ガンの発症から最初の手術

鳥越氏は2005年に下血症状などから人間ドックを受診、内視鏡検査で3センチ大の進行がんが発見された。その時はリンパ節などの転移は確認されなかったものの、がんが腸管の壁を突き破っているため、腹膜転移の可能性があることを指摘されたそうです。

 2年後に肺転移、再発~2度の胸腔鏡手術、その2年後に肝臓転移で開腹手術

その後も、喉2箇所、食道1箇所に疑わしい病変が発見されるも、がんではないという診断で今に至っているという。

鳥越氏は、がんをめぐる状況が大きく様変わりしたことを、多くの人に知ってほしいそうです。

鳥越氏は、自分のがんと診断された時から、ガン患者とその家族について記録する絶好のチャンスだととらえ、自分の病気と戦いながら、ジャーナリストそしての仕事も続けてきたといいます。

がんを乗り越えられた一因として、受身だけの患者の存在であるのではなく、ジャーナリストとして客観的に自分の病気と向き合い、闘い続けてきたことが、今も元気に生活できている要因。

いずれ滅びる身、ここであくせくする必要はない。と鳥越氏は言っています。

そんなおおらかな気持ちも病気に打ち勝つ一番の武器となっているのではないでしょうか。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る