海老蔵涙の会見;妻小林麻央さん進行性乳がん【深刻な病状と壮絶な闘病生活、今後を語る】

小林麻央進行性乳がん

海老蔵涙の会見;妻小林麻央さん進行性乳がん【深刻な病状と壮絶な闘病生活、今後を語る】1月9日でのテレビ放送「市川海老蔵でございまする:の中では、元気そうな小林麻央さんのインタビューの様子が放送されました。そちらの詳細については、こちらの記事に掲載しています。


 

先日、海老蔵さんの痛々しい記者会見が報道されました。

麻央さんの乳がんのステージは明かされず、深刻な病状

妻の小林麻央さんが進行性ガンによりすでに1年8ヶ月の闘病生活を送っているとのこと。

目を赤くしながら疲れきった様子の海老蔵さんの様子から、麻央さんの病気の深刻さが伺えました。

現在は、抗癌剤治療を行い、手術を受ける予定とのことでしたが、まだ幼いれいかちゃんと勧玄(かんげん)くんを思うと見ている人すべてが胸が詰まる思いがしたのではないでしょうか。

麻央さん本人も、2人の幼いお子さんの将来を考えるとどんなことをしても、生き続けたいという気持ちでいっぱいだと思います。

おそらく、最先端の医療を受けるために、名医と呼ばれる先生の元、多額の医療費を使い治療が行われていることでしょう。

しかし、発病してから1年8ヶ月経過し、現在も縮小することのないがん治療が本当に適切なものであるのでしょうか。

まだ海老蔵さんも麻央さんも若く、医療という権威ある存在に疑いを微塵も感じていないのかもしれません。

 

数ヶ月抗癌剤を続けたならば、健康体の人ですら命が危ない

1年8ヶ月という長い期間、抗癌剤治療を受けたならば、おそらく身体の正常細胞はボロボロの状態になり、とても癌と闘えるだけの免疫力は維持できないと推測されます。

私は今まで様々な癌治療の闘病と治癒について様々なケースを見ていますが、抗癌剤治療により癌が一時的に見えなくなったケースはあっても、ほとんどが免疫力の低下による再発を引き起こすケースがほとんどであり、若い年齢での発病の場合はさらに進行を早めるといった悪循環に陥るケースばかりを目にしてきました。

乳がんの専門医である植松稔氏の著書でも、抗癌剤の使い方がいかに不適切であるかを著書『抗がん剤治療のうそ ~乳がんをケーススタディとして~
の中で語られています。

 

かんげん海老蔵この本の中で語られる乳がん治療の真実をぜひ麻央さんに知っていただき、抗癌剤治療よりも治療効果の高いといわれる治療を取り入れてほしい。

そう感じたのは私だけではないのではないでしょうか。

このブログの中では、麻央さんのような若いお母さんの癌を治してほしい。

そのような強い思いを込めて癌についてのより良い治療の選択ができるよう情報を発信しています。

抗癌剤は身体に爆弾を落とし、癌とともに自分の身体も破壊します。

医者はそれが最善の治療であるように患者たちに説明します。

抗癌剤を拒む患者さんには、もう責任はもてませんと突き放し、恐怖を受け付けます。

しかし、たくさんの心ある医師たちはこう言います。

『抗癌剤が寿命を縮める一番の原因である。』

麻央さん、れいかちゃん、勧玄(かんげん)くんのために生きてください。

そのためには、本当に治る治療を選択してほしい。

世間体もプライドもすべて捨ててでも、癌を完治させてほしい。

命を失ったら、もう可愛い我が子を抱くこともできません。

自分が本当に正しいと思った治療を選択してください。

末期や進行性のガンでも奇跡的にガンが消失しているケースでは、抗癌剤治療を行っている人はほとんど皆無です。

進行性乳がんにも打ち勝つ今からでもできること

このサイトの中では、たくさんの末期がんからの生還した事例を掲載しています。

もし可能であれば、題名だけでも一通り目を通していただけたなら、今自分が本当に選択すべき治療の糸口を掴んでいただけると思っています。

がんを克服している人には、共通点があります。

それは、抗癌剤を辞め、本来あるべき免疫主体・医療による治療から自分自身で治療する方向へ転換したということです。

自分自身で作ったがん細胞は、自分自身でしか消し去ることができません。

これが唯一の癌から生還できる方法なのではないでしょうか。

他人(医師)任せにしていては、ガンは治すことはできない病気ということを沢山の人が知ったなら、もっと癌によって命を失う人は激減することでしょう。

西洋医学で手遅れといわれている癌も必ず治す方法は残されています。

あきらめずに、必ず治せると信じ、癌を克服してください。

麻央さんだけでなく、世の中で乳がんと闘っている方、乳がん以外の癌と戦っている人にこのメッセージが伝わることを願いたいと思います。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る