進行性の咽喉癌で食べられない、飲み込めない末期の患者さんが4週間で癌を消失させた方法

ガン不安解消

進行性の咽喉癌で食べられない、飲み込めない末期の患者さんが4週間で癌を消失させた方法「彼のようなケースで治った事例は一例もない。すぐに悪化してしまうだろう。」
彼はまさに、食べ物はもちろん、自分の唾液さえも飲み込めず、放射線治療も受けられないほどの末期の状態だったという。
まさに、医学的には為す術がないという状態だったのが功を奏し、サイモントン療法を開始することとなったのだ。

主治医からそんな宣告をされたエドワード・マクレーンさんは、サイモントン療法を開始してから、わずか4週間後には検査でガンが消失していることが確認されたと著書には記されている。

すでに手遅れの末期咽喉ガンをどうやって克服することができたのか?

サイモントン療法での治療で彼にとって最も効果をあげたことが、イメージ療法だった。

とにかく、自分の魂が心から喜ぶこと、深い充足感を感じることをしたり、できない場合にはベッドの上で想像するだけでも効果があるという。

マクレーンさんの場合は、大好きな釣りをしているイメージを病院のベッドの上で繰り返し、大きな魚が釣る自分の姿に喜びにつながり、その喜びのエネルギーが癒やしの力になって全身にみなぎり、ガンをどんどん小さくし、消失に導くことができたそうだ。

放射線治療の副作用を軽減するためのイメージ療法とは?

また、放射線の治療を受ける際には、副作用軽減するためのイメージ療法を行った。

それは、次の言葉を繰り返すだけ・・・。

「がん細胞自体は、弱くて混乱した細胞であり、免疫細胞と治療の効果で簡単に消えていく細胞である。」

この言葉は、放射線が正常な細胞とがん細胞をしっかりと区別し、がん細胞だけに放射線の効果が作用するようにするためのイメージ療法であり、彼には劇的な効果をもたらした。

2週間後には固形物を食べられるように回復、4週間後にはガンが消失してしまった

この進行性咽喉ガン消失の事例は、サイモントン博士が初めて心理的介入を行って治療した患者の事例である。

そして、サイモントン博士は、このメンタルの重要性とイメージ療法に確信を持ち、標準的な治療を行う医師のキャリアを捨て、このサイモントン療法の研究と発展に尽力し、現在では世界各国でたくさんのがん患者さんを救っている。

日本でも、代替療法の上でなくてはならない存在であり、患者自身がお金をかけずに、最高の効果を得られる治療法の一つとして注目を集めている。


サイモントン療法が自宅で簡単に行える書籍


書籍には、イメージトレーニングが簡単に行えるCD音声も付属しているので、毎日繰り返し効果的なイメージトレーニングを自宅で行うことができるの。
イメージ療法初心者でも簡単に行うことができ、寝たきりの患者さんにも最適ではないだろうか。

ぜひ、病気を患っていない人にも活用できるメンタルトレーニングを家族で行ってみてはいかがでしょうか。

サイモントン療法:Amazonの口コミをみる

関連記事

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る