警告!痛みを止める消炎鎮痛剤やステロイドは治癒反応を止める免疫抑制剤

鎮痛剤危険

警告!痛みを止める消炎鎮痛剤やステロイドは治癒反応を止める免疫抑制剤

対処療法の危険性についてもっとさくさんの人に知ってほしい

対処療法といって、ピンとこない方もいるのではないでしょうか。

病院でお医者様が診断、処方してくれるのだから、間違っているはずがない。

そう思って、処方された薬を一つ残らず飲まなければ気が済まない人。

 

これは、とても危険な行為だといっても過言ではありません。

なぜなら、医師や薬剤師たちは、これらの弊害を知っているので、自ら薬は飲まないからです。

劇薬、発がん剤といっても過言ではないこれらの対処療法に使われる薬について、もっとたくさんの人に知ってもらいたいと思っています。

痛みや腫れがあり病院を受診、消炎鎮痛剤やステロイドが処方された薬を使用している人に知っておいてほしいことがあります

たしかに、それらを使うことで痛みや腫れなどの不快症状はすぐにおさまるかもしれません。

しかし、これは患部の治癒反応をストップした結果であり、治ったような錯覚を私達にもたらすものの、逆に患部の血流を悪くして、原因である病原菌や疾患が治ろうとする自然治癒力をストップする行為であるということを医者は教えてくれません。

 

私達が生まれながらにして授かった、どんな病気をも治しうる自然治癒力を頭から押さえつけ、逆行する行為であるのです。

このような薬で自らの身体のサインを無視続けた結果におこるのは、自然治癒力が正常に働かなくなったり、傷や病気を治す力が弱くなったり、最後には体に及ぼす危険なサインを送ることもできなくなる可能性もあるのです。

今目の前にある不快症状を取り除くために、薬を飲むことは自分自身の体に大きな負の遺産を残すことになることをぜひ、肝に命じていただきたいと思います。

 

慢性疾患がどんどん難治化している原因は、薬物の乱用に一因あり

自分が受けている治療が、対処療法なのかそれとも病気の根本的原因にアプローチしたものなのか?

これを知らない医師もいるほど、医療業界は本質を見失っているといっても過言ではないのではないでしょうか。

慢性疾患がずっと治らない原因には、そもそも病気を生み出す原因(食事、生活習慣、ストレス)などを取り除かなければならないのに、次から次へと長期的には副作用を生み出す薬を次から次へと処方され、疑いもなく飲み続ける患者たち。

これでは、本当に病気が治るところか、二次的、三次的と連鎖して別の病気をひきおこしても、なんら不思議な状況ではないのです。

頭痛だからといってすぐに、鎮痛剤を飲んでいませんか?

頭痛がおこるのはなぜなのか?なにか自分の体がサインを発しているからですよね。

それを受け取らずに、やみくもに鎮痛剤を飲むことは、原因を放置して根本的原因を改善するまでたどり着くことができません。

頭痛の原因といっても、ストレスだったり冷えが原因だったり、ウイルスが原因だったり様々ですが、その原因としっかりと向き合い、原因を取り除くことができれば再発や無駄な薬の服用による恐ろしい副作用を回避することが可能になるのです。

アトピー性皮膚炎の難治化もステロンドの処方が元凶だった

アトピー性皮膚炎で皮膚科にかかると、まず処方されるのがステロイド剤ではないでしょうか。

このステロイド剤を塗ると、かゆみや見た目での発疹や皮膚の症状が一時的に消えるために、患者も治癒したように感じられる薬です。

しかし、このステロイド剤による副作用は、さまざまな弊害を引き起こす恐ろしい存在であることを知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

 

お医者さんが、そんな危険なものを処方されるわけがない・・・。

そう思われるかもしれませんが、今の日本の医学界の薬の認可基準が、このような対処療法に特化したような短期間で効果のあがる上辺だけの治癒に特化していることに問題があるようです。

ステロイドは、毒素の排出を妨げ、血流を悪くし、交感神経を刺激して様々な病気を引き起こす原因を作り出しているのです。

 

アトピー性皮膚炎に効果のある漢方薬などもたくさんありますが、これは体の中の体質変えたり、蓄積した毒素を排出することに特化しているために、確実にアトピー性皮膚炎を改善することができたとしても、短期間にすぐに不快症状を改善することは難しい状況です。

病気はじっくり長期的に治すものという覚悟を持って病気と向きあおう

現代医療で処方されている薬は、一夜漬けの薬。

いわゆる科学の力で、治ったように見せかけているだけで、実際は治っていないのです。

『症状がなくなった=治った』 という誤認識

『症状がなくならない=治っていない』のではなく、治癒している過程であると捉えるようにしたら、いかがでしょうか。

学業や勉強でも一夜漬けでどうにもならないように、病気は必ず原因が存在します。

すぐ取り除けるものかもしれませんし、改善に時間のかかる場合もたくさんあります。

病気が起こったなら、自分の身体が今なにを訴えているのか、なにを改善すべきなのかを真摯に受け止め、薬といった一番安易な方向に向かわずに、自分自身で病気を改善していくことが、健康を保つ上で最も大切なことではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る