腎硬化症・腎不全・腎機能低下による血液透析を阻止し、機能を改善効果が期待できる水溶性珪素とは?

人工透析

腎硬化症・腎不全・腎機能低下による血液透析を阻止し、機能を改善効果が期待できる水溶性珪素とは?

水溶性珪素を摂取したことで人工透析の回数が週3回から2回に減らすことができました。

人工透析をせざるをえない人にとって、先行きの不安と闘いながらの治療はどれだけ苦しく、辛いものであるかは想像を絶するものです。

症状の悪化、合併症、食事制限、長時間の束縛、治療費の問題など、常に不安がつきまといます。

一度機能を落としてしまった腎機能を復活させることは不可能と思われていた時代は終わった

人工透析を受けるほど、腎機能が低下してしまった場合、腎臓移植などの方法以外に、治す方法はないと言われている現代医療ですが、水溶性珪素の服用による幹細胞の活性化により、一度機能を失った細胞を蘇らせる効果があることが、最近わかってきました。

糖尿病による網膜症により視力を完全に失った男性で、網膜細胞があきらかに完全死してしまっていると診断されたケースでも、水溶性珪素の服用により視力が80%も回復し、今では元気に仕事に復帰することができている事例もあります。

水溶性珪素の素晴らしいところは、身体の部位にかかわらず、血管、皮膚、臓器、骨などすべてにおける幹細胞を活性化させることが可能であることです。

以前に話題になったIPS細胞と同じ、自分たちが生まれながらにして持ち合わせている細胞生成能力を活性化させるため、一度機能が低下したり、機能しない状態においても、機能の改善や復活が期待できるのです。

また、水溶性珪素は、毛細血管を新たに作り出す効果もあるため、糖尿病による血管の劣化や石灰化などにおいても、新たな血液ルートを作り出したり、劣化した血管を再生することが可能であるため、腎臓機能を改善することに役立つと考えられます。

腎機能が再生することができる根拠とメカニズム

そもそも、腎機能がなぜ低下したのかを考えると、腎臓内にある毛細血管のつまりや滞りなどにより、腎臓に酸素や栄養素が行き届いていないことが大きな原因だと考えられます。

つまり、この腎臓への栄養と酸素を運ぶルートを復活させ、腎臓にある元々も機能を復活させることができれば、充分に人工透析からの脱却は可能であるのではないでしょうか。

この2つの血流の問題と、腎臓の機能を失った細胞を再生させることを可能にするのが水溶性珪素というわけです。

その裏付けは、こちらの書籍「珪素の力」を読んでいただけると深く理解していただけると思いますが、水溶性珪素によってどのような病気を改善することが可能なのかは、下記のとおりです。

水溶性珪素の効果効能

薬や手術などの対処療法を行い、根本的な原因を追求しない治療が延々と繰り返されることによる病気の負のスパイラルへ

お医者さんは完全な存在であり、最高の治療法を提案してくれる神様的な存在であると信じている人が多い中、そのために病気を悪化させ、命を失う患者さんが多いことも知っていただきたいことの一つです。

病院は、患者を完全に治してしまったなら、病院にきて治療を受けてもらえません。

つまり、お客さんを失うわけです。

そうなったら、病院の経営は成り立たなくなります。

高い人件費、高価な検査機器、病院設備の維持管理費に膨大なお金がかかる中、患者の診察と投薬による報酬が命綱となっています。

どんなに、代替医療が重要であり、薬が危険な存在だと知っていても、それを処方することで病院は収益を得て、病院で働くたくさんの職員たちの生活を成り立たせている以上、すぐに患者がよくなる方法はひた隠しにするといっても過言ではないというのが現代医療の本当の姿であると春山医師の書籍にもそう書かれていたのを記憶しています。

このような事例は、一つではなく様々な医師が執筆している書籍の数々から、内部告発的な医療現場の真実が浮き彫りにされていることから、明らかな事実です。

本当に信じられる医師はいないのか?

残念ながら、大きな大病院に属する医師たちは、どんなに志の高い医師であっても、病院という組織の壁に阻まれ、マニュアルどおりの治療や投薬を続けるほかないのです。

このような理不尽な治療に耐えきれずに、大学病院や最先端医療を行う大病院のトップに上り詰めても、その権威と収入を捨ててでも、独立し自分で病院を経営する医師も日本にはたくさん存在しますので、ぜひ第一に患者さんを大切にする医師に治療を受けることが病気治療の最短ルートではないでしょうか。

福田稔医師もそのような患者第一主義の医師の一人です。

ぜひ、本当の患者のための医療がどのようなものなのか、一度書籍を読まれることをおすすめしたいと思います。

 

なぜ病気の根本的な原因にアプローチしないのか

病気には、食生活や生活を改善することで治る病気はたくさんあります。

しかし、病院で食生活について的確なアドバイスをうけることはほとんどなく、数分の診察の中での注意事項に留まる程度です。

患者は医師を完全に信頼しているため、処方された薬を飲み、言われることを守っていれば自分の病気は治すことができると信じ切り、自分自身で努力することの必要性に気づく人はごくわずかです。

ほとんどの患者さんが、本当に自分が助かる方法が世の中に存在するのに、それを知らずに辛い治療を続け、さらに症状を悪化させてしまうのです。

病気は自分で作り出したものであり、自分でしか原因を取り除くことはできません。

きのこの原木に発生する椎茸を、素晴らしい方法で目に見える部分だけ取り除いても、そこに生育する菌を取り除かなければ、どんどんきのこが発生するように、今私達が受けている医療がどんなに無意味であり、逆に健康を損なう治療をお金を払って受けているのかを知ってほしいと思います。

私達は自分自身の病気を人任せにすることなく、自分がなにをすべきかをしっかり学び、実行することがなによりも大切なのではないでしょうか。

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

水素水がん治療

2016.9.30

世界三大奇跡の水『ルルドの泉・ノルデナウの水・トラコテの井戸水』と癌治癒の因果関係

世界三大奇跡の水でガンは治るのか? 治療困難の末期のがん患者でも奇跡の水でガンの治癒効果があがるのでしょうか。 ルルドの泉では、過去…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る