脳梗塞・糖尿病・心筋梗塞・高血圧などの原因となるドロドロ血を改善する方法

血液ドロドロ

脳梗塞・糖尿病・心筋梗塞・高血圧などの原因となるドロドロ血を改善する方法

今日は、ドロドロ血を気にする方へ珪素を摂取するメリットについてお話したいと思います。

まさに、ケイ素を取るだけで、がん予防、肥満予防、血流改善効果、老化予防、毛髪促進効果、美肌対策など様々な恩恵を受けることができます。

ケイ素って、あまり耳慣れないミネラルですが、実はいろいろな食物に含まれていて、普段の食事からも摂取しています。

しかし、最近の野菜や果物は細胞方法や土地の栄養素の減少、化学肥料などの影響で、昔と比べて栄養素が激減しているというのです。

 

果物や野菜のミネラル量が50年前に比べて10分の1に激減する緊急事態に!

一日350グラムを推奨されている野菜や果物ですが、それだけでは不足する事態になっているといえるのではないでしょうか。

どうしてミネラルが必要なのかというと、このミネラルは酵素が働く上で重要な役目をします。

つまり、ミネラル不足になると、酵素がうまく働くことができず、食べたものをうまく消化・分解できなかったり、吸収、エネルギーを生み出す代謝、排泄などすべての生命維持活動に支障がでるということです。

実は、近年増加の一途を辿っているメタボリックシンドロームも、ミネラル不足により代謝障害が原因といわれています。

酵素が活動できない状態は死を意味する!

酵素はどんな役目をするのかピンとこないという方は、身体を建物と考えると、酵素は大工さんと例えることができます。

どんなに立派な建築材料(木材、壁、金具、コンクリート、鉄筋など)があっても、大工さんがいなければ建物を建てることができません。

酵素が不足すると体におこる変化
  • エネルギーを生み出す代謝機能が低下し、代謝不全になる。
  • 血液ドロドロ状態になり、毛細血管の内側にプラークが付き、血管が細くなり動脈硬化などがおこる。
  • 血流障害
  • 細胞の栄養不足
  • 細胞壊死
  • 臓器不全
  • 合併症(網膜症・腎不全・壊疽)
  • 慢性疾患

ドロドロ血を改善できる夢のミネラル『ケイ素』

水溶性ケイ素で血流障害やミネラル不足による代謝障害を一気に解決できる。

そう話すのは、細井睦敬医師。著書である珪素の力の中でこう説明されています。

 

ケイ素はミトコンドリアを活性化、生命力をアップさせる鍵を握るミネラルです。

ケイ素は、様々な植物などに含まれますが、ミネラルが激減している現在、私達の身体に充分に必要なケイ素を取り込むことが難しくなっているのが現状です。

このミトコンドリアは、私達が食事により取り込んだ炭水化物やタンパク質、脂質などを分解し、内蔵や器官の機能を維持するエネルギーになったり、もちろん日々活動するエネルギーに使うエネルギーを日々生成している、いわば身体の中のエネルギー工場のような役目をしています。

珪素が不足すると、ミトコンドリアのガソリン不足になり、食べ物を食べてもエネルギーに変換することができなくなります。

珪素が不足すると癌になりやすい体を作ってしまう理由

珪素不足がミトコンドリアの不活性化を引き起こし、私達の体は負のスパイラルに陥ってしまうといっても過言ではありません。

下記の項目にもありますように、正常細胞が生きづらく、癌にとって住みやすい体内環境となってしまうのです。

ミトコンドリアが不足すると生じるデメリット
  • 低体温
  • 活性酸素を大量に発生させてしまう
  • 免疫力低下
  • 肥満・メタボリック・シンドローム、太りやすい
  • がん【毎日健康体の人の体でも生成されているがん細胞をアポトーシス(自然消滅)する力が弱まる。】

珪素が多く含まれる食べ物を食べよう

わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類、大豆や根菜類に珪素は多く含まれています。

現在はミネラル飲料水にも珪素(シリカ)が含有されている天然水も販売されているので、恒常的な珪素不足を補うために活用されるとよいと思います。

また、最近で注目されているのが、水溶性珪素のジェル状や液体のサプリメントです。

水に溶かして飲めるので、食事に混ぜたり、飲料水に混ぜたりしてお子様からお年寄りまで幅広く摂取することができます。

我が家はお米を炊くときに加えているのですが、加熱することで栄養素的に損傷を受けることはなく、お米の味をそのままに毎日珪素を摂取することができています。

育ち盛りのお子さんや美容を気にするお母さん、メタボリックが心配なお父さん、ダイエットを気にする年頃の女の子、老化や病気が気になる人。

すべての人にとって必要な栄養素なんですね。

ぜひ、家族の健康のために、珪素の摂取を日々心がけてみてはいかがでしょうか。

button_003

 

関連記事

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る