胆管がん、大腸がん、胃がん、膵臓がんの90%早期発見が可能な血液検査とは?

がん血液検査

胆管がん、大腸がん、胃がん、膵臓がんの90%早期発見が可能な血液検査とは?たった5ccの血液採取で早期発見が難しかったガンを90%の確率で発見可能に!

がん検診といったら、CTやMRI、PET検査など被爆の大小はあるものの、放射線の不安や内視鏡などの苦痛を伴うものでした。

しかし、血液検査で癌の早期発見を行っている病院があります。

消化器がんの遺伝子検査:マイクロアレイ血液検査とは?

antiaging_sc6_image2

マイクロアレイ検査では、採取した血液野中から遺伝物質(単核球)を抽出し、その遺伝物質に特殊な薬剤を加えることでの反応により、ガンの有無を判別する方法です。

 

この単核球は、ごく小さながん細胞にも反応し、ガンの種類によって様々に形を変える性質をもっています。

そのため、この単核球の変異の状況を調べることで、罹患しているガンの種類まで特定できる遺伝子検査になっています。

 

検査結果は3~4週間程度で判定され、X線の被爆などの問題もないため、検査による患者さんの負担も少なく、安全ながん検診であるといえます。

検査が受けられる病院も、今では全国で多く実施されるようになりました。

マイクロアレイ血液検査の費用は?

残念ながら、この素晴らしい検査はまだ保険適用となっていません。

そのため、医療機関によってもさまざまですが、7万円から10万円程度というのが相場のようです。

しかし、若い女性などは大腸がんの内視鏡などの検査には抵抗があるため、自覚症状があってもなかなか病院を受診することをためらってしまい、そのためにガンが進行してしまうケースが後を絶たないため、大腸がんなどの検査方法としても早期発見に繋げることができるガン検診の一つと言えそうです。

早期発見が難しい胆管がんや膵臓がんの早期発見・治癒率向上に貢献

中でも胆管がんや膵臓がんなどの体の深部にあり、進行するまで自覚症状が少ないガンの場合は、ほとんどが癌が進行した状態で発見されることがほとんどで、治癒率も高くないガンの一つといわれていました。

胆道がんの患者数:2万3600人

2013年の胆道がんでの死亡数:1万8200人

致死率は77%と、他の癌(大腸がん:致死率30%)に比べると、治癒がとても難しいことが伺えます。

しかし、この血液検査による早期発見と免疫療法の併用により、胆管がんや膵臓がんも克服できる病気へと変わろうとしています。

 

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る