肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

低分子フコイダン

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい!

肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。
最近でも、野際陽子さん、中村獅童さん、ET-KINGのリーダーいときんなど芸能界でも多くの人が罹患し、治療を行っています。

ステージ4ともなると、脳やリンパなど全身に転移している場合も少なくなく、手術も難しい場合が多いと言われています。

治療法としても抗がん剤での延命治療・放射線治療が一般的であり、副作用などの問題も患者さんへの大きな負担となるなど、患者さんやその家族にとっては、心身ともに大きな壁となっています。

転移や余命宣告をされる場合の多い、肺腺がんですが代替治療や統合治療を併用することにより、西洋医学の分野では治療困難といわれる患者さんの改善例も多数報告されています。

下記に末期肺腺がんの患者さんの改善例をご紹介したいと思います。

進行性肺腺がん(ステージ4)4センチの腫瘍がみるみる縮小・消失した事例

下記の書籍『研究に基づいた、がん治療の選択』は、九州大学名誉教授 白畑さねたか医師を中心とする、最新のがん治療における研究に基づき患者さんに優しく、しかも治療効果の高い治療法が紹介されています。

低分子フコイダンとナタマメなどの成分の摂取により、様々な治療が難しいと言われる進行性のがん患者さんたちの治癒の事例や天然成分による副作用がなく、正常細胞を傷つけずに、がん細胞だけを消滅に導く理想のがん治療の最新データが掲載されています。

今回の肺腺がんの事例では、脳にも転移し、すでに手術困難、抗がん剤(タキソール)と放射線で治療を始めるよう主治医から進められた患者さん65歳の症例です。

この患者さんは、西洋医学の分野以外にも、できることなら何でも試してみたいと思い、NPO法人統合医療と健康を考える会へ相談に行き、抗がん剤と放射線治療と並行して、低分子フコイダン等総合サプリメントの飲用による代替医療の治療を開始しました。

低分子フコイダンと4種類のサプリメントを併用、1ヶ月後のレントゲンで癌が半分に縮小

ガンの治療を行っている患者さんならば、一度は耳にしたことのある「フコイダン」もずくなど海藻から抽出する成分であり、ガンの無限増殖を阻止するアポトーシス効果や抗がん剤の副作用を軽減するなど医師や研究者の間でも注目が集まる成分です。

この患者さんの事例では、8センチ✕5センチ大だった肺の腫瘍が半分に縮小、腫瘍マーカーも当初の12.5から1.5へ下がり、さらに6ヶ月後にはPET検査で肺のガンがなくなっていたとのことです。

もちろん、抗がん剤の効果もあり、一概にフコイダンの効果とは言い切れませんが、白畑教授の研究から得られている抗がん剤と低分子フコイダンの併用による抗癌作用の相乗効果から考えると、低分子フコイダンなどの天然成分から抽出されたサプリメントの抗癌作用がプラスに作用しているであろうと推測されます。

白畑医師も様々な天然成分における検証から、現在最も患者さんにとって有益であるとして、フコイダンとナタマメから注目される成分を中心にエビデンス(根拠)になるデータを集め、少しでも多くの患者さんの命を救おうと日々研究と検証が行われています。

低分子フコイダンのデメリットは価格

低分子フコイダンのデメリットは、金額が高額なことがあげられます。

服用量と効果にはやはり、相乗効果が研究結果としてもあきらかであり、進行しているガンの場合は一日300から400ccを一日3回にわけて服用することが、効果的であるようです。

白畑教授が治療に使用しているパワーフコイダンは、1800ccが4万8千円で販売されており、毎日300cc服用した場合、一日あたり8000円程度の費用が必要となります。

1ヶ月飲み続けるだけでも、約30万円という費用は、誰もが試せる価格ではないようです。

もちろん、書籍の中でも紹介されているとおり、抗癌効果への検証も充分されており、治療実績も数多くあるため経済的に負担が許されるのであれば、ぜひ治療に取り入れたいサプリメントなだけに、残念でなりません。

副作用が強く、一時的なガン縮小効果しか得られない抗がん剤に高額な保険適用を行うのならば、このような本当に有益であるサプリメントに保険適用が行われ、一人でも多くの患者さんの命が救われる医療になってほしいと願わずにはいられません。

高額な低分子フコダインを試すことは難しいという患者さんの選択肢

価格面でちょっと試すのが難しいという患者さんには、粒タイプで低価格のフコイダンも販売されています。

液体タイプと比較するとやはり吸収率や効果などでは対抗できない部分がありますが、まったく摂取しないよりも少しでも患者さんの治療へのプラスになると考えられると思います。

このような低価格帯のサプリメントの服用をする場合には、一日推奨摂取量を多めに摂取すると良いかもしれませんね。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る