midorijiru_bnr2

発熱の痛み・だるさ・腫れ・不快症状を解熱剤や鎮痛剤で止める危険性

解熱剤

発熱の痛み・だるさ・腫れ・不快症状を解熱剤や鎮痛剤で止める危険性

薬で発熱や不快症状を止めることが危険なことをご存知ですか?

医者が処方するから、安全でしょ?

治すために薬を出してくれるんじゃないの?

本来なら、そうあるべき医療なのですが、残念ながら今の医療と薬のあり方には大きな問題があることを、免疫学の権威である安保徹先生は警告を発します。

風邪をひいた時の発熱による体のふしぶしの痛みや、腫れ、だるさ、発疹などの症状は、患部に血流を送って治癒を起こそうとしている身体の自然治癒反応であり、解熱剤などで熱を抑えることは代謝を抑制して、体を冷やす行為であり、逆に治癒とは正反対の結果を引き起こしたり、交感神経優位の状態による発ガンしやすい身体を作り出してしまうというのです。

 


 

薬を服用することで引き起こされる恐ろしい弊害

 

発熱は、身体にあるウイルスや細菌を殺すために必要なものであり、薬で無理やりさげることは、身体の中に有害なものがはびこる原因になる。

c84

抗生物質によりウイルスや細菌を殺すことも可能だが、その抗生物質により体の中の有用な善玉菌を始めとする大切なものを殺傷したり、自然免疫力を狂わせ、免疫力をさらに落とす結果になる。

c84

薬の服用は、自らがもちあわせる最高の医師「自然免疫力」に逆らう行為であり、私達の体に様々な恐ろしい弊害をもたらす危険をはらんでいる


発熱や痛みなどの不快症状は私達にとって必要なものであり、体を守るために必要なものであることを知る

患部に痛みや腫れがおこるということは、その部分を緊急に自然治癒力が働いて、血流を一気に送り込み治そうとしている証拠です。

この自然の流れをせき止めることになりかねないのが、消炎鎮痛剤であったり、痛み止め(鎮痛剤)というわけです。

患部に大量の血流が流れるときは、いわゆる身体が燃え上がっている状態ですので、このような不快症状を伴うわけですが、この不快症状を止めることは同時に、治癒をストップする行為であるともいえるわけです。

 

目先の不快感を悪と捉えるのではなく、今自分の体が治ろうとしている過程であり、素晴らしい身体の仕組みが正常に働いているサインであると捉え、そこは静かに治癒を待つ方が懸命といえるのです。

  • なぜ、痛いのか?
  • なぜ熱をもっているのか?
  • なぜ腫れているのか?
  • なぜ発疹やただれがおこるのか?

それには、すべて理由があり、治癒への過程であることを知ることが大切なんですね。

飲んでプラスになる薬とマイナスになる薬を知ろう

短期的な苦痛や不快感を取り除くための目先の対処法に注力した薬が、西洋医学で用いられている化学薬品であるのに対し、漢方薬などは身体の自然免疫力に着目した視点で、病気の原因や基礎体力の強化に着目した薬です。

即効性があり、すぐに効果があらわれるのが西洋医学で用いられる薬ではありますが、それはあくまでも病気を治癒に導くためのものではなく、不快症状そのものを取り除いて治癒しているように見せかけているだけのものであることを知らなければなりません。

 

このような、みせかけの薬を常用していれば、いるほど私達の体に大きな負の遺産を残すリスクが多分にあることを知ることが大切です。

今飲んでいる薬が、数年後、数十年後に自分にどんな影響をもたらすのか、慎重に選択して服用するようにしたいものです。

 

関連記事

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

20050609_060_1

2016.11.28

癌に効果のあるお茶【ねじめびわ茶】癌細胞を死滅に導く成分「アミグダリン」の効果効能とは?

びわ茶に含まれる天然の抗がん剤「アミグダリン」という成分を用いた、癌治療【IPT療法とは?】 アミグダリン(ビタミンB17)は、欧米による…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る