癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

am500_fo052

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。

その一方で癌になったら肉を食べなさいと食事療法を指導する医師も存在します。

中立な立場で両者の主張の書籍を読んで感じることは、両者ともに主張は根拠に基づいて説明されており、どちらも頷ける内容です。

肉などの蛋白質には癌治療において、良く作用する一面悪く作用する一面があるということ。

どちらを選択し、実行していくべきかを判断するには、たいへん難しい選択になりますが、肉や魚をすべて敵と見なして食事から排除する食事は本当に良いことなのか考えさせられます。以下に癌治療において肉を食べてはいけないと主張する根拠と肉を食べなければならないと指導する医師の主張について考えていきたいと思います。

癌を治す食事法:肉食や赤身の魚肉は控えるべき(動物性蛋白質否定派の見解)

肉が悪者になる原因としては、肉などの蛋白質は癌細胞が大きくなるための原料となる。

動物性蛋白質は、あらゆる食べ物の中で発がん性の高い食材である。

癌になったら積極的に肉を摂取することが大切であるという反対意見の根拠と理由

栄養分子学を推進する溝口徹氏の著書がんになったら肉を食べなさい (PHPサイエンス・ワールド新書)の著書では、癌治療に欠かせない自己免疫力を保つためには肉などの摂取が必要不可欠であると主張されています。

溝口氏によると、もちろん肉だけではなく、高濃度ビタミンC点滴療法をはじめ、さまざまな栄養素をサプリメントや食事などので補うことによって、自己免疫力を最大にして癌と闘う力や癌との共存を図っていく方法を推奨されています。肉を食べるべきであるという理由は、

 癌と戦うためには、血液中の蛋白質であるアルブミン濃度や酸素や栄養素を運搬するために重要なヘモグロビンを保つことががん治療において最も重要な要素であるからです。

癌は大量のブドウ糖をエネルギー(正常細胞と比較して6倍以上のブドウ糖を消費する)とし、細胞分裂を繰り返し、蛋白質を原料として成長します。

果物や穀物などの炭水化物中心の食事はブドウ糖の過度な供給源となります。(血糖値が高い糖尿病患者には癌の発症率が高いという実証データあり。)

癌患者は血液中のブドウ糖濃度である血糖値が正常であっても、肝臓は血液中へブドウ糖を供給し続けます。この原料として筋肉などに含まれる糖原生アミノ酸が使われるため、筋肉がやせてきて手足が細くなり、頬がこけるようになってしまうわけです。

肉食を禁じた食事指導に従い続けると、食事の多くは糖質となり、血液へのブドウ糖の供給原となるとともに、タンパク質不足に陥り、手足が細くなり力がでなくなるなどの変化を食い止めることができなくなります。

癌が大きくなるためにはタンパク質が必要になりますが、癌細胞の中に取り込むタンパク質はすべて血液中に含まれているタンパク質です。血液中のタンパク質とは、生きていくために非常に重要なアルブミン、ヘモグロビン、各種の酵素、ホルモンなどで、血液中で一定の濃度を保つように厳重に管理されています。

癌細胞は血液中のアルブミンやヘモグロビンなどのタンパク質を取り込み、癌細胞自身を大きく成長させるのです。つまり、がんの蛋白質利用量は、食事からの蛋白質の量とは全く関係がないのです。

また、癌細胞が好む環境のひとつに貧血状態であることがあげられます。貧血状態になると酸素を運ぶために必要な鉄が、十分にヘモグロビンに存在しないため、酸素を体の隅々に運べなくなります。

その結果、大量の乳酸が作り出され、癌が好む酸性に傾くアシドーシスという状態になります。

癌が進行すると、ほとんどの患者さんは貧血傾向になり、癌細胞はさらに居心地が良い環境下になり、元気に成長していきます。

癌細胞が好む酸性状態(アシドーシス)という状態は乳酸が多く存在する状態であると述べましたが、ビタミンB群が多く存在すれば速やかに分解処理されていきます。貧血でビタミンB不足の人は癌に好都合の環境であるといえるでしょう。(肉などにはバランスよく多くのビタミンB群が含まれています)

癌治療を専門とする代替療法のドクターの中には、活性酸素を発生させる可能性があるために鉄分の補給を控えるように指示する方も多いですが、活性酸素の発生は鉄剤の注射や大量の無機鉄の服用によって生じます。

レバーや赤身の肉、卵などの食品を食べたり、ヘム鉄と呼ばれる動物性タンパク質から作られた鉄剤を服用する限りでは、活性酸素(フリージカル)の発生はありません。

やってはいけない治療では、蛋白質に結合していない鉄が体内に増えることですので、医療機関でよく行われている鉄剤の注射はやってはいけない治療法のひとつです。

重度の貧血状態のときに、鉄剤の注射をすることがあるのですが、注射の後の倦怠感は無機鉄の大量投与によって身体の中で大量の活性酸素(フリージカル)が発生したことによるものです。

鉄分が多く含まれる野菜にほうれん草、小松菜、ひじきなどもありますが、これらはいずれも非ヘム鉄といい、蛋白質と結合していないため、肉などの動物性の鉄分に比べて5~10分の一程度吸収率が低くなります。また植物性の鉄分(非ヘム鉄)は、タンニンや植物繊維などにより吸収が阻害されたり、体内に吸収するためにはビタミンCや蛋白質を同時に摂取することが必要になります。

 がんの治療中は筋肉が細くならないよう、貧血にならないように配慮するためにも肉や魚などの動物性蛋白質を積極的に食べることが重要です。

参考文献:

 

関連記事

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

NK細胞

2017.2.13

笑いと免疫力の密接な関係【笑いは癌の治療を助けてくれる名医だった!】

お金をかけずに免疫力を劇的に上げる笑いの効能!NK細胞の活性率が急上昇 ある笑いと免疫力の調べで、たった40分の落語を聞いた後、唾液の検査…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る