癌手術の際に注意!自分の癌細胞を最強の抗がん剤に【自家ワクチン療法】

a1380_001196

癌手術の際に注意!自分の癌細胞を最強の抗がん剤に【自家ワクチン療法】

癌手術の摘出手術で摘出した癌細胞から
自分だけのワクチンを作る自家ワクチン療法とは?

私たちの癌細胞の中には、癌を殺すための武器である『癌抗体』が存在しています。
この自分の体内から抽出した癌抗体を培養して自らの癌治療に応用するのが
自家ワクチン療法という免疫療法です。

さっそく自家ワクチンの症例をご紹介します。

大腸がん(ステージ3:5年生存率65%)⇒5年無再発

12センチの肺がん摘出⇒3年無再発

原発性肝臓がん術後・多発肝転移⇒自家ワクチン導入後6ヶ月転移なし
(元医療機関の主治医もこのようなケースは初めてと驚いている)

余命1~2ヶ月と宣告を受けた胃癌・多発肝転移患者⇒
2ヶ月後も自宅で通常生活を送れている

悪性脳腫瘍の全生存期間が21.4ヶ月(自家がんワクチン治療臨床試験)

最悪性の膠芽腫(3年生存率38%)

肝臓がん手術後患者への臨床結果(83%に再発なし)通常治療の場合60%再発

肝臓がんと自己ワクチン

まだ新しい治療法であり、症例も2013年10月現在で2000例と少ないですが、
肝臓がんを例にあげると、再発頻度が45%、再発リスクを81%激減させるなど
編めるかのガン学会でも論文が掲載されるなど、注目を集めている治療法です。

この治療法を受けるためには、手術で癌を摘出した際の細胞を確保しておくことが必要です。
そのため、医療機関にがん組織を捨てないように伝え、保存していく必要があります。

癌細胞の確保についての詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

00_seiyoymitsubachi120722

2016.10.3

抗腫瘍効果の高いプロポリス【末期癌克服女性も飲用中Brix濃度40%以上のブラジル産原液最高級品を検証】

もしかして、これってプロポリスのおかげ? 「そうそう、副作用も飲む前より軽くなった気がする」 「やっぱり?実は、私もそう思ってたの。…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る