癌手術の際に注意!自分の癌細胞を最強の抗がん剤に【自家ワクチン療法】

a1380_001196

癌手術の際に注意!自分の癌細胞を最強の抗がん剤に【自家ワクチン療法】

癌手術の摘出手術で摘出した癌細胞から
自分だけのワクチンを作る自家ワクチン療法とは?

私たちの癌細胞の中には、癌を殺すための武器である『癌抗体』が存在しています。
この自分の体内から抽出した癌抗体を培養して自らの癌治療に応用するのが
自家ワクチン療法という免疫療法です。

さっそく自家ワクチンの症例をご紹介します。

大腸がん(ステージ3:5年生存率65%)⇒5年無再発

12センチの肺がん摘出⇒3年無再発

原発性肝臓がん術後・多発肝転移⇒自家ワクチン導入後6ヶ月転移なし
(元医療機関の主治医もこのようなケースは初めてと驚いている)

余命1~2ヶ月と宣告を受けた胃癌・多発肝転移患者⇒
2ヶ月後も自宅で通常生活を送れている

悪性脳腫瘍の全生存期間が21.4ヶ月(自家がんワクチン治療臨床試験)

最悪性の膠芽腫(3年生存率38%)

肝臓がん手術後患者への臨床結果(83%に再発なし)通常治療の場合60%再発

肝臓がんと自己ワクチン

まだ新しい治療法であり、症例も2013年10月現在で2000例と少ないですが、
肝臓がんを例にあげると、再発頻度が45%、再発リスクを81%激減させるなど
編めるかのガン学会でも論文が掲載されるなど、注目を集めている治療法です。

この治療法を受けるためには、手術で癌を摘出した際の細胞を確保しておくことが必要です。
そのため、医療機関にがん組織を捨てないように伝え、保存していく必要があります。

癌細胞の確保についての詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る