癌増殖を根絶する最新医療遺伝子療法のメカニズムとは?

遺伝子治療

癌増殖を根絶する最新医療遺伝子療法のメカニズムとは?

CDC6shRNA療法はどうして癌細胞の増殖を抑えることが出来るのか。

癌を治そうと思ったときに、まず必要なことは癌とはどのような仕組みで発生し、どのような性質を持っているのかを知ることから始まる。

なんとなく、医者から手術をすすめられたから・・・。抗がん剤治療でなんとかなるだろう。

と医者任せの姿勢では、強敵の癌に立ち向かうことは、ほぼ難しいと言えるだろう。

 

癌の本当の姿。どのように発生し、増殖して命を脅かす存在になるのか。

しかし、癌を知れば知るほど、自分自身で克服可能であることがわかってくる。

その克服方法は医者任せでは決してできない方法であることも事実である。

 

癌を宣告され、将来に不安を感じて嘆いている間にも、癌は刻々と増殖を続ける。

少しでも早く癌の仕組みを知り、どうしたら癌を制圧して元気な体を取り戻すことができるのか考えていきましょう。

癌の正体と特質について

癌細胞はもともと私たちの体に存在する正常細胞が、さまざまな要因(ストレス、化学物質、ウイルス、病原菌、放射線など)が複合的に関与したためにDNAが傷ついて変異した細胞のことである。

本来私たちの細胞は、細胞分裂を定期的に繰り返した後、一定回数の分裂後に細胞は死滅する。

しかし、癌細胞は遺伝子異常を起こしたまま異常な速さで分裂を繰り返し、死滅することはないといわれていました。

そのため、抗がん剤などによる治療では、癌細胞を弱らせるためにはどうしても正常細胞も一緒に攻撃してしまうため、癌細胞も死滅する代わりに同じく正常細胞もダメージを受け、医者の中でも抗がん剤の使用については賛否両論あるところである。

管理人もいろいろ癌の特性を調べる中で、抗がん剤の恐ろしさ、治療への有効性に疑問を抱いている一人である。

残念なことに、日本では抗がん剤治療と放射線療法などが主流で行われ、患者さんの命を本当に考えた医療が行われているのだろうかと首をかしげてしまう点が多い。

しかし、ほんの一部の医療機関において保険適用にはならないため、医療費の負担は避けられないが、患者への負担を最小限に、最大の効果をえられる方法が存在することも事実である。

ほとんどの患者さんはその有益な方法までたどり着くことがなく通常の医療により苦しみ、本来助かるかもしれなかった命を落としていることは残念でならない。

 CDC6shRNAが癌の増殖を止めるメカニズムを知る

ここでご紹介する最新医療の遺伝子療法(CDC6shRNA療法)では、癌本来の無限増殖を続ける性質に着目し、増殖に関わる遺伝子を排除して癌細胞そのものを自殺(アポトーシス)させようというものである。

抗がん剤のように正常細胞に関与しないため、副作用はまったくなく、手術不要。

治療は患部に直接注射するか点滴などで注入するだけで患者に負担も最小限でする治療法である。

では、どうしてこのような簡単な方法で癌の増殖を食い止めることができるのかメカニズムをみていくことにしよう。

 

  1. 癌細胞にCDC6shRNAを注射や点滴で数回にわたり体内に注入する。
  2. 癌の増殖にかかわるCDC6たんぱく質の生成に関与するmRNAが除去される。
  3. mRNAを除去することによりCDC6タンパク(癌細胞増殖に関与する物質)が消去される。
  4. CDC6タンパクを生成出来なくなった癌細胞は、無限分裂を止め、癌細胞を死滅または正常細胞に戻す。

このCDC6shRNA遺伝子療法は、癌という敵を根底から根絶できる現在存在する中では最も希望の持てる治療法の一つではないだろうか。

今後、癌治療はもとより、癌予防・転移の予防にも広く普及し、たくさんの人が恩恵に預かれるような医療体制の整備を望むところである。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る