癌は怖くない。絶対治せると信じることが大切です

癌は怖くない

癌は怖くない。絶対治せると信じることが大切です癌細胞は熱に弱く、ある一定の温度になるとアポトーシス(死滅)することが知られています。

しかし、すべての病院で温熱療法が受けられるわけではなく、統合医療などを行っている一部の病院による治療法です。

この温熱療法は、副作用がなく、確実にがん細胞を死滅することができるため、末期ガン患者や肺などの転移巣にも有効で、

医師からすでに回復の見込みがないと言われた患者さんでも、完治された方も少なくありません。

温熱療法を行い、進行がんを克服された、長友明美氏の著書では、

長友さんが実際受けられた温熱療法の実態と効果において詳細に説明されています。

 

長友さんは、抗がん剤に頼らない様々な治療法で、余命6ヶ月と宣告された絨毛ガンを克服されました。

一つの病院、一人の医師から余命宣告されたからといって、諦めてはいけないこと。

自分の意思と治療法の選択を間違わなければ、癌と闘い克服することは可能であることを教えてくれるたいへん参考になる一冊です。

もう自分は手遅れなのではないか、大切な家族を助ける方法を探している方には、まず読んでいただきたい癌関連書籍です。

 

長友さんは若くして癌を発症され、癌宣告を受けてから2年後に双子を出産されています。

通常30代くらいまでのわかい年齢で癌を発症した場合、進行も早いので完全に癌を克服することは難しいと考えられています。

しかし、抗がん剤に頼らない治療法で完全に癌を克服できる。

そして転移することなく何十年も生き続けられるとしたらどうでしょう。

やはり、本当に病気を克服された方の手記を読むことが、一番の勇気をもらえるのではないでしょうか。

 

病院側は抗がん剤を主体とした治療法がいかに治療効果が薄いもので、逆に患者を苦しめていることを認識しているのにかかわらず、

利益率の低い統合医療や免疫療法を行う病院は少ないのが現状です。

だからこそ、自分で治療法を見極め、治療法で病院を選ばなければならないのです。

どうか医者を100%信じるのではなく、自分で書籍を読み、自分で最良の治療法を見つけ、自分を主治医にしてあげてください。

 

医者は100人いれば、知識の幅も百通り、医療のマニュアルに沿って薬を出し、患者自信を見つめてくれる医師が本当に少ない現在、

本当に信じられるのは、自分と家族と正しい知識です。

抗がん剤や放射線よりも有効な自分でできる治療法がたくさんあるのに、それを知らない方が多すぎるのは、残念でしかたがありません。

私は、長年いろいろな癌の治療法について研究してきました。

どうしたら、もっとたくさんの人に自分で治せるということを知ってもらえるのか。

一人でも多くの人に、もっと希望をもって恐ることなく病気と闘える環境を持っていただきたいと思っています。

私は医者ではありませんが、だれよりもたくさんの書籍を読み、研究することができればたくさんの人を救うことはできると考えています。

こうして、ホームページを通して情報を発信し、一人でも多くの人にガンへの間違った認識、医者に頼ることだけが治療法ではないことを大きな声で発信していきたいと思っています。

 

あなたの癌に手遅れはありません。

一緒に闘って、必ず癌を克服しましょう!!

関連記事

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る