癌は告知するべきか。しないべきか・・・。

a1380_000097

癌は告知するべきか。しないべきか・・・。

家族が癌を宣告されたら、あなたはどうしますか?

一昔前までは、癌であることは患者に伏せられることが多かったですね。

私の母も、「自分が癌になったら病気のことは黙っていてね。」と言われました。声優的にピークで

しかし、この告知しないということは、自らの戦いを放棄したことになり、生きることへの可能性をすべて遮断する行為です。

家族は告知すべきか、しないべきかを悩んでいる暇があったら、ガンについての情報を収集し、患者に対し 、少しでも闘うことの重要性と癌は治せるということを信じてもらう努力をすべきです。

そのためには、実際患者から余命宣告などを受けた患者さんが回復に至るまでの本であったり、ガンを治すための栄養医学の本であったり、とにかく1冊や2冊のレベルではなく、

最低でも20冊程度を患者さんの手元に置くことをおすすめします 。

たった一つの知識が命を救うことも充分考えられます。

医学書は普通の書籍に比べると高額であるかもしれませんが、ネットのアマゾンなどでは、中古であれば1円から購入できる本もたくさんあります。がん治療が長引いて、1回抗がん剤を投与しただけで、本20冊分くらい飛んでいきますから、とりあえずお金がかかるから・・・。と 消極的になるのではなく、手当たり次第でも構いませんので、いろいろな本を読んでみてください。

私も、以前は癌になったら治すことが難しいし、癌は恐ろしい病気だと信じていましたが、今では自分の一部であり、予防することも、治療することもできる病気だということを知ることができました。

 患者自身が癌と闘うために、

一番必要なことは、自分自身の治癒を信じる力と治癒に向けての努力になりますので、

勇気をもって、本人に告知してあげることも大切だとおもいます 。

 

家族があきらめたら、決して患者を励ますことができない。

患者がガンについて学ぶ必要があることは先に述べましたが、家族が癌は治せるものだと信じることができなければ、患者さんに生きるパワーを与えることはできません。

一緒に悩み、苦しみは半分に、そして喜びは2倍にしていくことが必要ではないでしょうか。患者さんが辛い治療で、生きる希望を失った時でも、心から治せると信じている人がそばにいれば、充分希望を与えてあげることができるのです。

そして、家庭でも二人三脚で癌の治療を引張ていくことが家族の役割になります。

患者さんと一緒に、たくさんの生還した話を読んだり、知識をインプットする。

そして、家族一丸となって、癌と戦っていきましょう!!

 

関連記事

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る