癌の進行を阻止する体内環境を作る『低酸素・低体温・高血糖』を脱却するためにしなければならないこと

ガンの進行を阻止

癌の進行を阻止する体内環境を作る『低酸素・低体温・高血糖』を脱却するためにしなければならないことガン発生のメカニズムを免疫革命で知られる安保徹医師はこう説明します。

癌は私達の身体がストレスなどにより交感神経優位になった状態で起こりやすくなります。

交感神経優位の状態では、血管が収縮し、血流が悪くなるので体の隅々にまで酸素が行き渡らずに、低酸素・低体温の状態になります。

そして、その緊急事態を乗り切るために、アドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンが分泌され、高血糖状態を引き起こします。

「低体温・低酸素・高血糖」の状態では正常細胞は生き残れない

私達の体は、自分の命をつなぐために、あえて正常細胞が先祖返りをして単細胞に変化するのが癌細胞が発生するメカニズムです。

つまり、正常細胞が生き残ることが難しい環境を回避することができれば、癌の進行が抑えられ、自然消滅を促すことが可能になるのです。

癌は悪者ではなく、私達の命を守るために変異した細胞だった

がん細胞というと、全く新しく悪いものが発生するという印象を持たれている方も多いと思います。

しかし、がん細胞はずっと自分の中で頑張ってくれた正常細胞が変異したものであることを忘れてはならないでしょう。

がん細胞に感謝し、ごめんね・・・。

そう語りかけたという女性は、手の施しようもない全身転移の状態から、奇跡のごとくがん細胞が消えていったといいます。

がん細胞は、私達へのメッセンジャーです。

このまま無理したら、命の危険が迫っているよ・・・。

 

そう正常細胞が自分の体を犠牲にしてまで、私たちに教えてくれているのかもしれません。

それを闇雲に、抗がん剤で叩く、手術で切り摂るだけで、生活の改善をしなかったらどうでしょうか。

正常細胞は、どんどん癌化し、私達に警告を送り続けるのではないでしょうか。

今すぐに、がん細胞のメッセージを受け取り、リラックス、働きすぎの生活の見直し、自分の声に素直になる生き方を選択する。

そんな生き方に方向転換することができたなら、この女性のように癌細胞は、そっと消えていってくれるような気がします。

 

関連記事

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る