癌の痛みから解放される方法~中村仁一医師

中村仁一癌講演会

癌の痛みから解放される方法~中村仁一医師癌は完全放置すれば痛みを最小限に抑えられる。

自分が死ぬなら癌がいい。

 

これは、中村仁一医師の著書大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)で話されている一説です。

 

癌は痛むもの。

怖い、恐ろしい・・・。

 

死の恐怖と戦うことも恐ろしいですが、痛みの恐怖とも闘わなければならない患者さんにとっては、痛みの問題は避けて通ることのできない問題です。

もし回復の見込みがないのであれば、できることなら痛みを感じることなく、最後の時間を有意義に過ごしたい。

そう誰しもが思いますよね。

でも、少しでも生きる可能性があるのなら、痛みを我慢してでも治療に挑戦しようと思うものです。

中村仁一医師が死ぬなら癌がいい。という理由と本当に完全放置すると癌であるのに痛みを感じることなく過ごせるのかを中村医師の書籍から考えてみたいと思います。

 

このサイトでは、末期でもあきらめずに完治をめざすことを目指しに情報を集めています。

最期まであきらめないで、治療をしてほしい。しかし、ガンへの恐怖心を取り除くことも重要な治療の一つです。

人は怖い、辛い、悲しいと思っているだけで、免疫力が低下してしまうからです。

 

万が一のことがあっても、苦痛を受けずに最期を迎えることができることがわかっていれば、ガンへの恐怖心はとても少なくすることができるでしょう。

癌は治せる。しかも痛みも避けることができることがわかったなら、安心して治療に望むことができるでしょう。

 

中村仁一先生の著書を拝見し、治療と向き合うというよりも、いかに自然に癌を受け入れ、おだやかな最期を迎えるかを主題にして話されているように感じました。

死への恐怖心を取り除いてくれるといった点では、とても勇気づけられる一冊です。

 

人は必ず年をとれば亡くなります。

癌を老衰と同じように捉え、無駄な治療はしないことで癌は痛むことなく、安らかに眠るような最期を迎えることができる。

点滴や栄養点滴などで、命に逆らうようなことをするから苦痛を味わうのだそうです。

 

今の日本では、癌を患った患者さんが、病院にかからないなんて考えられないのが現状です。

しかし、著書では治療を受けずに、癌を自然体で受け入れ最後まで生活を楽しみながら安らかな最期を迎えられた方がたくさんいらっしゃっることを教えてくれます。

この本で感じたことは、抗がん剤や放射線療法などの対症療法は、避けたいということでした。

たくさんの心ある医師たちが、抗がん剤を敵視しているように、やはり中村医師も同様の考えをお持ちのようです。

 

一時的ながん細胞の縮小、見せかけだけの治療に惑わされずに、本当に癌が発生する原点をみつめ、闘うことの重要性を再認識させられました。

癌に対する考え方を一変させてくれる一冊です。

中村仁一医師の講演会のYOUTUBE動画

関連記事

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る