癌の痛みから解放される方法~中村仁一医師

中村仁一癌講演会

癌の痛みから解放される方法~中村仁一医師癌は完全放置すれば痛みを最小限に抑えられる。

自分が死ぬなら癌がいい。

 

これは、中村仁一医師の著書大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)で話されている一説です。

 

癌は痛むもの。

怖い、恐ろしい・・・。

 

死の恐怖と戦うことも恐ろしいですが、痛みの恐怖とも闘わなければならない患者さんにとっては、痛みの問題は避けて通ることのできない問題です。

もし回復の見込みがないのであれば、できることなら痛みを感じることなく、最後の時間を有意義に過ごしたい。

そう誰しもが思いますよね。

でも、少しでも生きる可能性があるのなら、痛みを我慢してでも治療に挑戦しようと思うものです。

中村仁一医師が死ぬなら癌がいい。という理由と本当に完全放置すると癌であるのに痛みを感じることなく過ごせるのかを中村医師の書籍から考えてみたいと思います。

 

このサイトでは、末期でもあきらめずに完治をめざすことを目指しに情報を集めています。

最期まであきらめないで、治療をしてほしい。しかし、ガンへの恐怖心を取り除くことも重要な治療の一つです。

人は怖い、辛い、悲しいと思っているだけで、免疫力が低下してしまうからです。

 

万が一のことがあっても、苦痛を受けずに最期を迎えることができることがわかっていれば、ガンへの恐怖心はとても少なくすることができるでしょう。

癌は治せる。しかも痛みも避けることができることがわかったなら、安心して治療に望むことができるでしょう。

 

中村仁一先生の著書を拝見し、治療と向き合うというよりも、いかに自然に癌を受け入れ、おだやかな最期を迎えるかを主題にして話されているように感じました。

死への恐怖心を取り除いてくれるといった点では、とても勇気づけられる一冊です。

 

人は必ず年をとれば亡くなります。

癌を老衰と同じように捉え、無駄な治療はしないことで癌は痛むことなく、安らかに眠るような最期を迎えることができる。

点滴や栄養点滴などで、命に逆らうようなことをするから苦痛を味わうのだそうです。

 

今の日本では、癌を患った患者さんが、病院にかからないなんて考えられないのが現状です。

しかし、著書では治療を受けずに、癌を自然体で受け入れ最後まで生活を楽しみながら安らかな最期を迎えられた方がたくさんいらっしゃっることを教えてくれます。

この本で感じたことは、抗がん剤や放射線療法などの対症療法は、避けたいということでした。

たくさんの心ある医師たちが、抗がん剤を敵視しているように、やはり中村医師も同様の考えをお持ちのようです。

 

一時的ながん細胞の縮小、見せかけだけの治療に惑わされずに、本当に癌が発生する原点をみつめ、闘うことの重要性を再認識させられました。

癌に対する考え方を一変させてくれる一冊です。

中村仁一医師の講演会のYOUTUBE動画

関連記事

ピックアップ記事

NK細胞

2017.2.13

笑いと免疫力の密接な関係【笑いは癌の治療を助けてくれる名医だった!】

お金をかけずに免疫力を劇的に上げる笑いの効能!NK細胞の活性率が急上昇 ある笑いと免疫力の調べで、たった40分の落語を聞いた後、唾液の検査…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

00_seiyoymitsubachi120722

2016.10.3

抗腫瘍効果の高いプロポリス【末期癌克服女性も飲用中Brix濃度40%以上のブラジル産原液最高級品を検証】

もしかして、これってプロポリスのおかげ? 「そうそう、副作用も飲む前より軽くなった気がする」 「やっぱり?実は、私もそう思ってたの。…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る