癌の疑いありと診断されたら?手術を回避し転移を防ぐために実行したい8つのこと

ガン手術

癌の疑いありと診断されたら?手術を回避し転移を防ぐために実行したい8つのこと

がん検診や健康診断で癌の疑いありと診断されたとき、どのようにすることがベストの選択なのか。

これは、以後の治療に大きく関わってくるとても大切なことだと考えます。

なぜなら、レントゲンや検査で見える段階の癌細胞はすでに数百億個のがん細胞の塊であり、それが分裂することで加速度的に増大していく危険性をはらんでいるからです。

とても恐怖を煽るような言い方になりますが、これが現実であることを受け止め、その対処法を考えていかなければなりません。

少しでも早急に体外から摘出したいという思いとは裏腹に、がん細胞の確定診断で3週間程度、その後の治療方針決定に数週間と、ガン治療が開始されるまでには数十日の日にちがかかることも珍しくありません。

この数十日は自分にとってのチャンス期間でもある。

ガンが見つかってから、よほど全身に転移などが進んでいないかぎり、ほとんどの患者さんはまず手術を進められるようです。

ガン→手術 現代医学の常識

そういう考えが浸透してしまっているので、患者さんはなんの疑問も抱かずに受け入れます。

もちろん、部位によっては手術がベストの選択であることもある一方で、代替機能のない臓器などを摘出する場合などでは、その後の生活の質や免疫機能など様々なところに影響を及ぼすことになります。

できれば手術をせずにすむことが一番ベストなはずですよね。

ガンは意外に簡単に消えることがある

私達の体はとても精巧にできており、健康体であればガン細胞を自然消滅させるほど強い免疫力を持ち合わせています。

血液検査をするとすぐに特定することのできるリンパ球の数が、1800個/マイクロリットルを超えると、ガンの自然退縮が始まるといわれています。

しかし、ガンが見つかるような患者さんは、ストレスや長期的な薬の服用などにより交感神経優位の状態が続いた結果、リンパ球が減少して免疫機能が抑制された状態であることがほとんどです。

このリンパ球を活性化、増大させることさえできれば、たった1ヶ月でも数センチ単位の大きな癌ですら見えないほど小さくなってしまったり、完全に消失することすら珍しいことではないのです。

このことを知らずに、殆どの人がガンを発病したことへの恐怖、ストレスを抱え、さらに免疫抑止の状況を作り出していることは、本当に残念なことだと感じます。

ガンはお医者さんでないと治せないというのは大きな誤解であり、自分自身が一番ガンを克服できる近いところにいるということを忘れないでほしいのです。

免疫力(リンパ球)を増やし、攻撃力を高めるためにできることはたくさんあります

私がこのブログでもたくさんの免疫療法をご紹介させていただいておりますが、これらの免疫療法を行ったことで、ガンが消失した、手術が不要になったというケースは私が拝見しただけでも数百例あるといっても過言ではありません。

つまり、ガンが発見されてから手術が始まるまでのほんの40日の間でも、手術を不要にするほどの改善を自分の力で実現する可能性が充分にあるのです。

これらの免疫力を高めるための働きかけをすることで、たとえ消失には至らなくても、細胞分裂を止めるレベルまででも、今後の治療にとっては大きなメリットになるでしょう。

なぜなら、手術までのわずか数十日の間に、リンパ節や周囲の臓器に転移したなら、完治の可能性が極端に下がってしまうからです。

どうしたら短期間にガンが消失するほどの免疫力を高めることができるのか?

ここでは、もし今、大切な人がガンの疑いありと診断されたら、どうアドバイスするか。

それを考えてまとめてみようと思います。

これは、40日程度でガンの活動を止めたり、うまく行けばガンを小さくしたりすることが充分可能だと思います。

大切な自分の体の一部を手術で摘出する前に、ぜひこの中の一つでも取り入れて主治医の先生が驚くような結果を手に入れていただきたいと思います。

①ガンに関する正しい知識を知る(書籍の購入やブログ記事などからの情報収集)

ガンという病気について、充分知識がない人ほど、その存在を恐れ、恐怖心からさらにガンを作り出す体内環境を自らが作り出してしまいます。

まずは、ガンが起こるメカニズムを理解し、その対処法を正しく判断できる知識をみにつけることが、治療への第一歩になります。

このサイトの中では、私が10年以上にわたり調べてきたこと、がん治療について有益なことを解説させていただいております。すべての記事を読んでいただくには、数時間のお時間はかかってしまいますが、数十冊分の書籍のエッセンスを受け取っていただけるとともに、ガンへの恐怖心をなくし、治療への希望と闘うためのエネルギーを感じてもらえると思っています。

年齢があがると、本を読んだり文字を見たりするのが苦痛に思われ、敬遠される方がいらっしゃいますが、ガンに関して言えば、正しい知識をどれだけ知ることができるかで、その後の生存確率は決まると言っても過言ではない情報医療の世界です。

そこに時間や労力をかけずに、お医者さんのいうことだけに従っている患者さんは、残念ながらガンを克服することは難しいといっても過言ではないくらいです。

まずは、ガンとどうやって闘っていけばいいのか、自分なりの計画プランを作れるような段階まで知識の収集に時間をかけましょう。

最先端の免疫治療を開始する

この時点ではまだガンという確定の診断は下っていない段階です。

しかし、この免疫治療はとても即効性のある上に、副作用もなく、たとえ良性でガンでなかったとしても自分の体にとって大きなプラスになる治療法になります。

こちらの記事で詳細を詳しく解説してあるのですが、この治療により乳がんの切除の必要がなくなった患者さんや脳転移の大きなガンが消失した方など、たくさんの事例が報告されています。

自費負担であり、多少金銭的な負担は伴いますが、胃や腎臓などを手術で取り除いてしまってから変わりの臓器はどんなに高いお金を払っても戻ってきません。

今、目の前にある時間というチャンスを無駄にしないためにも、私が患者であれば真っ先に取り入れたいのが、この免疫療法になります。

湯たんぽや入浴により常に体を温める

こんな簡単な方法でガンが治ったら、世の中からガンが消えるだろう・・・。

そういう反論の声も聞こえてきそうですが、免疫療法に温熱療法という治療法があるように、体温を一定以上に上げることは、がん細胞を食い尽くしてくれるリンパ球を増やす上でとても即効性がある上に、効果の期待できる方法でもあります。

この湯たんぽなどを使うメリットは、短時間でなく長時間にわたり、高温をキープすることが可能なことです。

高熱を出した患者さんが、翌日ガンが消えていたという話は有名なように、37度以上というがん細胞が嫌い、死滅していく体温をキープすることで、ガンを弱らせ弱体化に導くことが可能です。

足つぼを毎日しっかりと実践する

これもまた、すぐに実行できて即効性のありお金のかからない免疫療法の一つです。

ぜひ、ガンが足つぼにどれだけ効果があるのかを知りたい方は、こちらを見ていただきたいのですが、手術の前に足つぼを実践しただけでガンが消えてしまったケースもあるほど、正しく行えば効果的な方法です。

高濃度ビタミンC点滴療法を定期的に受ける

水素水や水素サプリメントを入手し、服用を開始する

⑦ガンのための食事療法を学び、すぐに取り入れ実践する

⑧ストレスを抱えているならば、その原因を突き止め排除する。リラックスした時間を可能な限り多く取れるように工夫する。

上記にあげる方法は、それぞれ単発だけでも、癌への縮小効果が期待できるものばかりです。

お金がそれなりにかかるものもありますが、たいていは自宅で器具さえあれば簡単に実行できる方法もたくさんあります。

これらを複合的に組み合わせることで、さらに相乗効果が期待でき、確実にがん細胞にアプローチすることのできる体に改造していくことができるようになる可能性が充分に期待できる方法です。

成人の大人であれば、誰でもがん細胞は常に5000個以上毎日発生しているといわれています。

とたえガンであると診断されなくても、目に見えないがん細胞が体に潜んでいる可能性のほうが多いといっても過言ではないわけですので、実践可能なことは、ぜひ今すぐにでも取り入れて実践することで、常に闘う力のある体を手にしていただければ幸いです。

関連記事

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る