癌の延命治療を考える【抗がん剤で本当に生存期間を伸ばすことは可能ですか?】

延命治療抗がん剤

癌の延命治療を考える【抗がん剤で本当に生存期間を伸ばすことは可能ですか?】

延命治療の抗がん剤は命を縮めて苦しみを増幅させるだけではないのか?

ガンと診断され、すでに西洋医学では手術もできない、抗がん剤で治る見込みがなくあとは余命を少しでも伸ばすためにどうするかという医療が行われているのが現状のようです。

西洋医学の医師たちは、奇跡的な治癒や末期からの回復した事例を、表立って公表しようとせず、逆に隠蔽しようとする現実があることは、様々な医療関係者が書籍やインターネットによって語られていることです。

なぜ、このようなことがまかり通ってしまうのでしょうか。

それは、医学では解明できないことで癌が治癒することを患者が知り、実践して完治することが医者側からするとデメリットになるからのようです。

医者は命を助けるのが仕事ではないの?

そうです、私たちはお医者さんは私達の命を守るために全力を注いでくれるものと、信じて疑いません。

しかし、医者もまた医療を仕事にしてお金を稼がなければなりません。

最先端医療の現実を知り、その理不尽な世界に失望して、自らの信念(本当の意味での患者の命を救いたい)を貫きたいと思った医師たちは、多くな権威ある病院を抜け出し、自らの個人病院をたちあげるしか道はないのです。

このような現代医療に反旗をひるがえし、本当に患者さんのための医療を行っている春山医師はこう語ります。

本当に病気を治すのは簡単だよ。でも、医者はその方法を患者には教えない。なぜなら儲からないから・・・。

栄養指導だったら、栄養士さんでもできます。

でも栄養士さんと同じ栄養指導をする先生ならば医者としての多額な報酬は得ることはできません。

でも、本当に病気を治すために必要なのはそこなんですよね。

お金にならないから、本丸から離れ、患者さんの命を見て見ぬふりをして医療ごっこをする。

批判的に聞こえますが、これが残念ながら今の医療の本当の姿のようです。

延命治療という言葉がそもそも間違い。どんなに末期のガンでも奇跡を起こすことができます

延命とは、すでに治すことをあきらめて、生存期間を伸ばすことにを前提に行われている治療です。

人の生命力は、医療や科学では解明できない素晴らしい力をもっています。

そしてまた、それを証明しているたくさんの患者さんが現実に今も元気に暮らしている人がたくさんいるのです。

しかし、そのような人はメディアに表出て出るわけでもないし、公表されるわけでもない。

つまりは、どうしてその人が奇跡的に末期のガンが治癒したのか、その方法も原因究明も行われることがないのです。

医療では、このようなお金に直結しない自然治癒力には無関心です。

だから、医者はもうあなたの癌は手の施しようがありません。ホスピスで痛みを取り除きながら抗がん剤治療をしましょう。

そんな結論になってしまうのです。

奇跡を起こした人の貴重な体験談に耳を傾けてみませんか?

私は希望を失いつつある進行がんや末期がんと診断された患者さんやご家族に、ぜひ読んでいただきたい本があります。

工藤房実さんという方の著書である「遺伝子スイッチ・オンの奇跡」という本です。

末期で骨や臓器など全身転移ですでに手術もできずに、医師から余命宣告をされた女性が奇跡を起こした手記です。

ただ、自らの身体や心に、周りの人に感謝し、「ありがとう」と何千回、何万回を唱えるだけで、短期間のうちにガンがみるみる消え去り、痛みは消えていく様子と今も元気にお仕事をされている彼女の体験談は、癌と闘い、医師から見放された人にとっては希望の光とともに、奇跡をおこす大きなヒントを一冊の本というかたちで私たちに伝えてくれているのです。

実際に、どうしてこんな方法で癌が治ったの?

ガンが治ったのは、たまたま運が良かっただけじゃないの?
いえ、誰にでも、いつからでも奇跡を起こす力は残されています。

 

この不思議で科学では解明されていない心による癌治療について、私もそのメカニズムが知りたくて、いろいろな心理学や免疫学を調べていくなかで見えてきたことがあります。

そこで見えてくるのは、感謝と自分を受け入れることで、体の滞ていたエネルギーが正常に流れ出し、そこに信じられないほどの肉体的な変化が現れるということでした。

現代の医療でも、重要視されていないエネルギーという存在に神秘的な生命力の根源があった

目に見えることはありませんが、東洋医学では気という概念で広く受け入れられています。

私たちは、様々なストレス、固定概念からの囚われ、プライド、劣等感などからすぐに体のエネルギーが逆流したり、滞ったりするそうです。

そのときに、免疫力が低下したり、本来ある生命としてのメカニズムに支障をきたし、病気になるといわれています。

「ありがとう」たったそれだけの言葉に、どれだけの力があるのでしょうか?

 

数千万もの最先端治療にもかなわないような力を私達すべては、持ち合わせていることを信じてほしいのです。

延命治療。それは死を迎えるその時まで必要ない言葉であり、概念です。

なぜなら、命を失う瞬間まで、病気を治癒する可能性は大いに残っているのだから・・・・。

 

医者を信じるか、自分の生命力を信じるか、それはあなたの自由だと思います。

しかし、たくさんの崖っぷちから生還した末期のがん患者さんをみていて思うことは、どんなに死を目前にした患者さんでも正しい方法を知ることができたなら、奇跡を起こすことが可能であるということ。

たった数人の医師の言った言葉を信じるのではなく、この世に生を受け、こうして生きている自分の生命力を信じてみてはいかがでしょうか?

お医者さんのもう治療方法はない、延命しかないという言葉はあくまでも西洋医学の狭い治療法がないだけであり、それ以外にたくさん治療法は残されていることを信じ、希望を捨てずに治癒する道を見つけ出していきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る