癌の原因は薬の飲み過ぎ?抗生物質・ワクチンの危険性と副作用


癌の原因は薬の飲み過ぎ?抗生物質・ワクチンの危険性と副作用アメリカで最も権威のある米国医師会の研究報告で、抗生物質の使用と乳がんの発症のリスクに関係があるという研究結果が報告されました。

  •  平均17年間に25回以上の抗生物質を使用・・・全く抗生物質を処方しない人に比べて2倍発症
  • 平均17年間に1回~25回の抗生物質を使用・・・全く抗生物質を処方しない人に比べて1.5倍発症

乳がんだけでなく、他のがんに関しても、抗生物質やその他の薬が癌の発生に大きく関与している可能性を示す証拠も出ています。

抗生物質によって、腸内の有益な腸内細菌が減少することも、免疫力低下に拍車をかける原因になっています。

 

また、薬理学の講義では教授が次のように生徒に教えるそうです。

「断言しておくが、薬というのはみな毒であり、死を早めることさえある。どんな薬にも重大かつ深刻な危険性があるので、リスク対効果を慎重に検討した上で使うべきだ。」

17年に25回とは年に2度抗生物質を飲んだだけで、ゆうに超えてしまう数になります。

子供が病気になったとき、すぐに病院で抗生物質が処方されます。大人でも風邪をひいただけでも、抗生物質は処方されます。

栄養不足と薬の服用が免疫力を下げ、新たな病気の引き金になること。

目の前の病気を治すために、もっと大きなリスクを抱え込むことになるかもしれないということを認識した上で、薬を飲むべきか飲まないべきか慎重に判断する必要がありそうです。

免疫力低下→感染症発症→抗生物質・薬の服用→さらなる免疫力低下→感染症・・・・

この悪循環を繰り返し、最終的には癌を発症する仕組みです。

医者は本当にその人の身体のことを考えて処方しているのでしょうか?

心ある医者の一部のあいだでは、医者にかかるな!病院に殺される!などと内部告発的な内容の本を出版し、主張している医師も少なくありません。

ほとんどの医師は患者の体の一部しか見ていません。

医者のうちの250人中、249人が癌になったら抗癌剤を断固拒否すると主張しているように、

医師自身が受けたい医療と医師の医療方針は180度違うのかもしれません。

医者の治療、処方せんすべてを信頼するのは本当に危険なことです。

体全体を見渡せるのは自分しかいないことを心して、治療方針や薬の服用について考えてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

ピックアップ記事

00_seiyoymitsubachi120722

2016.10.3

抗腫瘍効果の高いプロポリス【末期癌克服女性も飲用中Brix濃度40%以上のブラジル産原液最高級品を検証】

もしかして、これってプロポリスのおかげ? 「そうそう、副作用も飲む前より軽くなった気がする」 「やっぱり?実は、私もそう思ってたの。…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る