癌の原因は薬の飲み過ぎ?抗生物質・ワクチンの危険性と副作用


癌の原因は薬の飲み過ぎ?抗生物質・ワクチンの危険性と副作用アメリカで最も権威のある米国医師会の研究報告で、抗生物質の使用と乳がんの発症のリスクに関係があるという研究結果が報告されました。

  •  平均17年間に25回以上の抗生物質を使用・・・全く抗生物質を処方しない人に比べて2倍発症
  • 平均17年間に1回~25回の抗生物質を使用・・・全く抗生物質を処方しない人に比べて1.5倍発症

乳がんだけでなく、他のがんに関しても、抗生物質やその他の薬が癌の発生に大きく関与している可能性を示す証拠も出ています。

抗生物質によって、腸内の有益な腸内細菌が減少することも、免疫力低下に拍車をかける原因になっています。

 

また、薬理学の講義では教授が次のように生徒に教えるそうです。

「断言しておくが、薬というのはみな毒であり、死を早めることさえある。どんな薬にも重大かつ深刻な危険性があるので、リスク対効果を慎重に検討した上で使うべきだ。」

17年に25回とは年に2度抗生物質を飲んだだけで、ゆうに超えてしまう数になります。

子供が病気になったとき、すぐに病院で抗生物質が処方されます。大人でも風邪をひいただけでも、抗生物質は処方されます。

栄養不足と薬の服用が免疫力を下げ、新たな病気の引き金になること。

目の前の病気を治すために、もっと大きなリスクを抱え込むことになるかもしれないということを認識した上で、薬を飲むべきか飲まないべきか慎重に判断する必要がありそうです。

免疫力低下→感染症発症→抗生物質・薬の服用→さらなる免疫力低下→感染症・・・・

この悪循環を繰り返し、最終的には癌を発症する仕組みです。

医者は本当にその人の身体のことを考えて処方しているのでしょうか?

心ある医者の一部のあいだでは、医者にかかるな!病院に殺される!などと内部告発的な内容の本を出版し、主張している医師も少なくありません。

ほとんどの医師は患者の体の一部しか見ていません。

医者のうちの250人中、249人が癌になったら抗癌剤を断固拒否すると主張しているように、

医師自身が受けたい医療と医師の医療方針は180度違うのかもしれません。

医者の治療、処方せんすべてを信頼するのは本当に危険なことです。

体全体を見渡せるのは自分しかいないことを心して、治療方針や薬の服用について考えてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る