温熱療法が特に効果的な癌(肝癌・膵臓がん)

温熱療法

温熱療法が特に効果的な癌(肝癌・膵臓がん)癌は熱に弱い性質を持っています。

癌患者が高熱病にかかったあとに、
検査してみると癌が消えていたという事例から癌治療と温熱療法の研究が始まりました。

医療機関で行われる温熱療法は、電極板でがんの病巣をはさみ、
電磁波で局所の温度を42度から43度まであげ、
40分ほど加温を続ける方法です。

治療したあと患者はお風呂に入った気持ちよさを感じる治療法ということもあり、
患者に負担のない治療法のひとつです。

末期ガンを温熱療法との併用治療で克服している人もおり、

患者の生存率も10%程度あがっているという臨床結果もあります。

ただ、温熱療法を利用できる病院は多くなく、
ほとんどの医療機関は抗がん剤と放射線、手術という
対処療法主流の治療法であるため、温熱療法を受けるためには
自ら調べて実施医療機関を利用する必要があります。

温熱療法で特に効果が期待されているのが、
肝臓がんや膵臓がんという酸素濃度の低い部分で、
化学療法などとの併用治療で延命効果が実証されています。

身体を温めることで、免疫力の元であるリンパ球やNK細胞などが増加したり、
活性化させることが可能になるとともに、癌の増殖が一番嫌う温度である
37度台の体温にして、がん細胞を弱らせることが可能です。

医療機関で専門的に温熱療法を行うことも有効ですが、
日々の生活で湯たんぽなどを常に体に当てることで
体温を常に1度程度常に上昇させることでかなりの免疫力増強効果が期待できます。

体にフィットするシリコン製の湯たんぽなどが販売されていますので、
足やお腹など、複数の箇所を温め、自宅で温熱療法を行うことで
とても簡単にがん予防や転移予防が可能になります。

気持ちよくて癌をアポトーシスに追い込むこの方法、
ぜひ試してみて頂ければと思います。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る