東洋医学・西洋医学、代替医療の融合:癌治療を行う病院『帯津三敬病院』

帯津敬三病院

東洋医学・西洋医学、代替医療の融合:癌治療を行う病院『帯津三敬病院』

自分や家族がガンになったらお世話になりたい病院

本当に癌患者や家族のための生き抜くための医療を提供する病院は、日本では何%存在するのでしょうか。

少なくとも、私が住んでいる県では、治療を受けたい病院を見つけることができませんでした。

大きい病院なら設備も充実していて安心。

これは、本当に真実なのでしょうか?

大学病院、がんセンターなら最高の治療を受けられるという誤解

大学病院だから大丈夫、がんセンターなら最先端治療を受けられるという幻想を持ってはいけないと思っています。

それは、過去に看護婦だった叔母が、医療関係者だったこともあり癌センターで進行性の胃がん手術を受けることになったものの、手術まで40日以上のベッド待ち。

この間、家族や本人がどれだけ苦しく辛い日々を送ったかは、容易に想像できるでしょう。

退院後はほんのわずかの自宅療養期間を経て、地元の病院で、モルヒネを受けて亡くなった姿を見ているからです。

まだ幼かった私は、

  • 看護婦さんなのに、なぜ進行するまで癌に気づかなかったのだろう?
  • もっと違う治療法で命が助かる方法があったのではないだろうか?
  • 癌になっても確実に助かる方法を見つけたい。
  • 大切な母親を亡くした子供と無念な母親がいったいどれだけいるんだろう?

それ以来、私はがんが本当に治る治療とはどういうものかというものを、無意識のうちに模索するようになりました。

その中で、わかってきたことは、医療機関の収入重視、命を無視した歪んだ医療でした。

私のような医療関係者でなくても、数十冊の本を読めば理解できるほど、抗がん剤や放射線が延命につながらないことくらい理解できることなのに、永遠にこの生命を縮める治療はなくなることがありません。

この一番の要因が、医療関係者と医薬品業界の膨大な利益構造です。

必要最小限の西洋医学を取り入れ、自然療法で治療を行う医師たちは、「このほうが確実に治せるけど、金にはならない」そう断言しています。

金儲けにはならないけど、本当に人の命を救いたいという医師に出会えない

つまりほとんどの医者たちは、患者の命よりも自分の利益を優先しているのだろうかと疑わざるをえない医療がはびこっているのです。

もちろん病院の理念が、利益を上げることを一番に考えている限り、その中で一人だけ高い理念を持った医者がいたとしても、その存在はねじり伏せられ、身勝手な治療は許されないのも事実です。

この病院なら大切な人をおまかせしたい!帯津敬三病院とは?

その中でも、ぜひ命をお任せしたいと感じた病院の一つに、埼玉県にある帯津敬三病院でした。

代替医療、東洋医学、西洋医学のいいとこ取り。

治療には漢方や一部の健康食品も用いられ、患者の自然免疫力を高めることを主目的に、治療が行われます。

もちろん、患者と家族の意思を尊重し、治療が進められます。

帯津敬三院長の気功と癌治療への効果とは?

気功も取り入れられているのも、注目すべきところです。

気功がなぜがん治療に効果を発揮するのかは、東洋医学の気の流れの滞りが病気を作るという考え方に基づくものです。

ストレス、不安、恐怖、トラウマなどによる気の滞りを正すことで、眠っていた自然治癒力を目覚めさせる効果もあるようです。

 

一般的な病院が、がん細胞だけを見て治療を行うのに対し、身体と心は一体化であり、心からのアプローチも重要視している数少ない病院の一つです。

この他にも、鍼灸、びわ温灸、心理カウンセリング、アロマテラピーなども取り入れて多方面から患者さんのケアを行っています。

 

ただ、残念なことは、病床数がそれほど多くなく、希望しても受け入れてもらえる可能性が低いことではないでしょうか。

また、代替医療や東洋医学の分野では、保険適用がされない場合も多く、患者にとっては医療費の負担増となる可能性が高いこともデメリットの一つです。

このデメリットは、国の薬の認可制度が、漢方や代替医療に使われる健康食品にまで適用されるようになれば解消される問題です。

世の中には、たくさんの代替医療での生還者が存在するのは事実です。

これらをしっかりと国が把握・検証し、効果のあるものは保険適用で、患者が自由に治療を選択できるような医療になってほしいと思います。

 

各県にいくつかでも、帯津病院のような高い理念を持った、本当の意味で患者の命を向き合ってくれる医療を提供してくれる病院が増えてくれることを願うばかりです。

病院を選ぶ際には、ホームページなどで院長の理念や治療方針をチェックし、自分の受けたい治療法と合致しているのかを見極めた上で選択したほうがよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る