末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

a0001_015020

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。

自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、
少しでも良い治療法を求め、本を読もうとします。

しかし、その内容は画一されたものではなく、医師や患者によっても
意見や治療法はさまざま。結論が出ないままに医師の言うがままになってしまう
現実が待ち受けています。

今回読んだ本は、まさしく私が求めていた なんの利害関係もない
ただ末期がんから長期生存を果たした人の体験談を取材、なるべく加工を加えずに
書籍にした本でした。

この本の著書は、ご自身も癌を患い、癌の治療に疑問をもち、
本当に癌患者にとっての生きるための治療を追求したいという思いで
たくさんの長期生存者に取材、インタビューした内容をまとめた書籍です。

この本を読んでいると、共通点する点がいくつか見えてくるのです。

それは、抗がん剤の使用を医師と衝突しても避けていることです。
これは、抗がん剤を打つ苦しみとは別の意味で苦痛を伴います。

自分より権威のあるお医者さんと医療の分野で闘うわけですから
勝ち目がある勝負ではないのです。
まるで変わり者で扱いにくい患者として、強く否定されるのです。

どんなに正当性を述べたところで、医師側は現代医療である
抗がん剤を中心とした治療を行おうとするでしょう。
これを拒否し、自分のしたい治療を貫こうと思うなら、
たいがいの病院からは退院してください。と言われるのです。

 

まさしく自分ひとり対医師や家族との闘いです。

しかし、この精神的戦いを乗り越えて、本当に自分のしたい治療を
貫いている人だけに 本当の癌の克服があるということを教えてくれる本だと感じます。

 

驚くことに、長期生存を果たしている人は、自分の治療方針と会わない場合
医師と口論をおこしでも、病院を転院していることでした。

本をたくさん読み、自分の中で信じられる道を見出し、
それにそぐわない場合は、かたくなに拒否しているのです。

病院や医師という大きな権力に立ち向かうことは、
普通の人ではまず難しいです。

その前に、まずどうすることが一番よいことなのかを
模索している間に、抗がん剤や手術で本来の持っている病気と闘う力を
奪い去られ、本来の癌との闘いをする前に力尽きてしまう人はほとんどなのです。

最短で、最前の治療法を導き出すには、このような癌を本当の意味で

克服している体験談や手記を読んでみることが一番良いと思います。

ぜひ、手術を受ける前 抗がん剤を受ける前に読んでいただきたい一冊です。

関連記事

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る