放射線治療ラルスや骨転移の激痛が無痛に!その秘密は『ありがとう』

121012EC_okome01

放射線治療ラルスや骨転移の激痛が無痛に!その秘密は『ありがとう』

1度目の膣内照射(ラルス)は麻酔なしでまるで拷問のようだった

ラルスという子宮内に直接放射線を照射する治療です。
この治療は病院にもよるかもしれませんが、著書の工藤さんが受けたときは、麻酔なしでタオルを口にくわえ、体を1時間かけて縛り付けられ、まるで拷問のようだったといいます。
合計3回のラルス治療を耐えられず、病院から逃げ出す患者さんも多いのだとか・・・。

これだけ激痛を伴うのに、麻酔が用いられない理由は、先生がずっと付き添うことができないからという残酷なもの。

工藤さんは、3時間泣き続け、治療後もあまりの辛さに一晩中涙が止まらなかったそうです。

 

2回目のラルス治療。全く痛みを感じない!!その理由は?

しかし、この工藤さんは1度目のラルス治療で気絶しそうなほどの苦痛を受けながら、2度目以降のラルス治療は全く痛みを感じることがなかったのだそうです。
その理由は、一冊の本との出会いでした。

その本に書いてあったことをラルス治療前12時間に必死に実践しただけ
ラルス治療の恐怖で、夜も眠れなかった工藤さんは、知人から届けてもらった一冊の本を夜のベッドで読んだそうです。
そこに書かれていたのは、人の遺伝子は5%しか使われていない。だから、残りの95%を少しでもスイッチをオンにすることができれば、生きるための潜在能力を引き出すことが可能になるといった内容でした。

工藤さんは、ベッドの上で次の日のラルス治療が始まるまでの12時間の間、ひたすら自分の身体の細胞一つ一つ、癌細胞にまで感謝の言葉『ありがとう』をひたすら投げかけたのだそうです。

そして、恐怖におびえながら2回目のラルス治療に挑みます。
そこでとても不思議なことがおきました。
1回目のラルス治療では、激痛により、こんな治療を受けるくらいなら死んだほうがましと思ったほどの痛みが、全く痛みを感じなかったというのです。

1回目であんなにも恐怖で硬直した身体と3時間の涙は、うれし涙へと変わっていました。

 

次々におこる奇跡と全身転移・骨転移の消失と完治

手術不能といわれた広がりすぎた子宮頸がんや水玉模様のように転移した肺、こぶし大の肝臓がんが手術もなしに消えていきました。

そして歯の痛みの何倍も痛いといわれる骨転移していた腰椎の部分の痛みも、『痛みよありがとう』そう話しかけていると、30分後にはその痛みが全くなくなったそうです。

医者から見放され、明日死んでもおかしくないと主治医から見放された工藤さんは、その後10年経った今も、元気にカレー屋さんのオーナーとして、また癌患者さんのための希望をあたえるために講演活動や執筆活動に活躍されています。

この本に出会えて、もう癌は怖くないと初めて思えた!

誰もが恐れている癌。もし、自分や家族が癌と告知されたら、それだけで恐怖の谷底に突き落とされることでしょう。

先の見えない不安と絶望感と闘いながら患者さんは必死に命をつなぐための方法を手探りで必死に探します。

私も叔母を癌で失ってから、癌への恐怖心を拭い去れず、進行した末期癌でも癌を治せる方法はないだろうか。

そう何十年も探しまわりました。

そして、その最高の答えがこの本に書かれていたのです。

この1冊を読めば、生きる希望をだれもが持つことができるし、実直に実践し、栄養管理を合わせて行うことでどれだけの人が助かることでしょうか。

工藤さんのように手術なしに癌を消失することができるなら、まだ出産前の女性の子宮の摘出も抑えることができる可能性もゼロではないと言えるでしょう。

もうだめだ。生きる希望が持てない人にこそ読んでほしい一冊です。

末期癌からの奇跡の生還。

私たちはインターネットで調べるとたくさんの奇跡を知ることができます。

この本の著書の工藤さんもその一人です。

癌が発見されたころには、すでに癌が全身に広がりすぎ、手術ができない状態でした。

30回の1日1分の放射線治療と3回のラルス治療。

そしてほんの数回の抗がん剤治療のみ。

これだけで、.癌をすべて焼失させることができた『ありがとう』の力は、抗がん剤の何百倍、何千倍の威力であり、まったく副作用のない最強の抗がん剤になりました。

そんな奇跡が現実でおきている。

そして、この工藤さんの体験を聞いた癌患者さんの周りでもたくさんの奇跡が起き始めているそうです。

癌におびえるのではなく、私は絶対に治るんだ!癌は治せるんだ!

人はイメージした願望が現実化すると言われているのを聞いたことがある人は多いと思います。

自分は癌だ。と否定的なことを考えていると、癌の自分のイメージが強くなり、癌を悪化させてしまいます。

とにかく、元気な自分を頭に描き、想像し、将来の設計図をたててみる。

そして、ひたすら元気になった自分の姿を頭の中で何度もイメージしてみることが、とても大切なのだそうです。

大丈夫。この本を読んだあなたは、きっと数か月後、奇跡を起こした自分の姿に出会えるはずです。


関連記事

ピックアップ記事

ユーグレナ癌効果

2016.1.31

ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントが癌予防に効果的な理由

ユーグレナという完全栄養食というスーパー食材が健康維持はもちろん、様々な病気を治せる可能性があるとして注目を集めています。 ミドリムシ…

ピックアップ記事

NK細胞

2017.2.13

笑いと免疫力の密接な関係【笑いは癌の治療を助けてくれる名医だった!】

お金をかけずに免疫力を劇的に上げる笑いの効能!NK細胞の活性率が急上昇 ある笑いと免疫力の調べで、たった40分の落語を聞いた後、唾液の検査…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る