抗癌剤は効くのか?本当に癌を治して再発を防げるのか

抗癌剤有効性と効果

抗癌剤は効くのか?本当に癌を治して再発を防げるのか

抗癌剤は効くのか?

抗癌剤は効くのか?これは患者さんにとって本当に重要な疑問の一つです。
ここで、西洋医学の考え方を理解してください。
今の西洋医学では、目に見える癌細胞の縮小、消滅=癌を治すこと
このように治療が行われています。

しかし、この考え方が 癌患者の再発を誘発し、生存率を大きく低下させて
癌を不治の病にしてしまう恐ろしい病気にしている原因になっていることを患者さんのほとんどが知らずに治療を受けています。。

たしかに抗癌剤は一時的な癌細胞の縮小には有効です。しかし・・・!

癌細胞は目に見える存在ですので、レントゲンやCTなどを使えば
すぐに患者に治療効果を実感してもらえるので、治療費を請求するのには一番手っ取り早い方法なんですね。
たとえ再発することがわかっていても、患者は癌細胞さえ見えなくなれば、
安心し、笑顔でたくさんのお金を払ってくれるわけですから・・・。
しかし、私達の体には計測の難しいけど重要なものがあります。
本来ある自己免疫力です。
この自己免疫力が一時的にでも低下するということは死を意味するといっても
過言ではありません。

癌を泥棒、免疫力を警察官と考えてみましょう。
西洋医学では、泥棒を排除するために、大きな抗癌剤という爆弾を投下します。
そうすると、泥棒はしんだり、弱ったりしますが同時に警察官もしんだり弱ったりします。
悪者である泥棒は、しぶとくて生命力、繁殖力ともに強靭です。
一時的には消し去ったように見えても、どんどん発生し、増殖する能力をもっているのに対し、警察官は一度死んだら、復活や再生は難しく、可能であっても長い時間と努力、お金などが必要になります。

そう考えたら、一時的に泥棒はいなくなったと思われていた私達の体内は
早い人であれば数カ月後、遅い人であっても数年後には
泥棒で占拠されることになるのは目に見えていないでしょうか。

都合の良いことを話、都合の悪いことは隠蔽する医療業界の真実を知る

西洋医学とは、敵も見方も排除して一時的に敵がいないことを証明し
治療したことにする。
いわば患者を騙して治療費をとっている医療を行っているといっても過言ではないのです。

それに対し、東洋医学や統合医療で考えられているのは、どんどん体の中に
警官という守備力・攻撃力を強化しましょう。
そして警官に癌を殺したり、動きを止めてもらいましょう。
という治療法になります。

癌という細胞は、警官に取り込まれると 意外に静になり、命を脅かさない存在になることは
西洋医学では患者さんを減らす要因になるため、あまり公にはされていないようですが、
実際手術もせずに10年、20年と抗癌剤を使わい患者さんが生き続けているのがその証拠でしょう。

とても副作用もなく、確実を制圧する方法なのですが、患者側、医師側に一つづつ欠点があります。
それは、警官を増やすのには、患者側の大きな努力が必要なことと計測が自分では難しいこと。
そして、効果を実感する(癌の縮小、消滅)するまでの時間がかかる上に、
患者の努力の裁量に大きく左右されます。
医者側では薬をほとんど使わないため治療費が取りづらい上に、
訴訟のりクスクも大きく背負うことになるのです。

また、目に見える形で、癌がなくなりましたよ。という証明がしづらいので

お金設けとしては効率がとても悪いのです。

患者側も命をおびやかす癌という悪者を一日も早く体内から排除したい。

という気持ちになってしまうというのも西洋医学に目が行ってしまう一つの原因です。

私達がどちらの方法を選択するかは自由です。
しかし、一般的に癌という診断が下った時に 病院で行われる医療の
ほとんどが西洋医学的治療であるということを理解しておかなければなりません。

体の中の警官を増やすには、食事療法、温熱療法んだおさまざまな方法が
ありますが、一度抗癌剤でゼロに等しい状態になった警官を
健康を維持できるのに必要最小限である標準の数の状態にもっていく途中で、
殆どの人が癌という泥棒に体を乗っ取られてしまうのです。

悪者を退治したい。でもそれが抗癌剤である必要があるのか・・・?

同時に体の中の大切な味方を失ってしまう治療法が
はたして命をつなぐ治療法として最適なのかどうか・・・。

これは一種の命の賭けといっても過言ではないのです。
本当に抗癌剤が効くのかどうか、これを判断する基準は
あなたの癌を治すという目的を目の前の癌をなくすことにあるのか、
それとも長期的に生存するための治療を行いたいのかによって答えが違ってくるのかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る