抗癌剤の副作用を抑えて劇的に再発や転移を抑える高濃度水素水

drops-of-water

抗癌剤の副作用を抑えて劇的に再発や転移を抑える高濃度水素水

延命のための抗癌剤を完治のための抗癌剤に変える方法

現在の医療では、避けるのが難しい抗癌剤。

副作用のリスクを知りながらも、医師から抗癌剤を打たないと命の保証はありません。

という言葉を投げかけられると、患者はそれを受け入れるしかできないのが現状です。

抗癌剤とは、まさしく自分の体にキッチンハイターを入れるようなもの。

キッチンハイターは台所で使う漂白剤で、主婦の方ならわかると思うのですが、手につくだけで指の指紋が溶けてしまいますよね。

抗癌剤もまた、体の中にいると癌細胞を強力な酸化力でがん細胞を縮小させることが可能です。

しかし、この酸化力は正常の細胞をも攻撃し、漂白剤のように良い物も、悪いものも強制的に破壊してしまうのです。

 

抗癌剤が効果を発揮できるのは、完治でなくて延命治療だけ。

現代の西洋医学の考え方は、がん細胞を小さくすること=治療成果です。

そのため、腫瘍が一時的に小さくなれば治療効果があったこととされ、その手段やその後の再発についてはあまり重視されていません。

残念ながら、がん治療に携わる西洋医学の先生は、暗黙の了解で再発はやむをえないものとして捉え、それを知ったうえで抗癌剤を投与しているのです。

抗癌剤をがん細胞だけを攻撃して、正常細胞にはできるだけ影響を与えない方法はないのだろうか

命を奪っているのは、癌でなく抗癌剤である。

これは、たくさんの医療従事者が周知の事実であり、今は患者さんたちも広く認識されるようになってきました。

本来であれば、がん細胞だけに働きかけることができれば、このような抗癌剤により命が奪われることは起きないわけです。

抗癌剤を投与した自分の体の中で起こっている化学反応

抗癌剤を投与すると、私達の体には、大量の活性酸素が発生するといわれています。

この活性酸素ががん細胞を攻撃する武器にもなるが、正常細胞をも殺したり傷つけたりする諸刃の剣なんですね。

正常細胞がどれだけ傷ついているかは、副作用の重さによりすぐに判断することができます。

胃腸の粘膜が影響を受ければ、吐き気や下痢になりますし、毛根細胞が影響を受ければ、抜け毛や脱毛などの副作用が現れます。

抗癌剤を辞めれば副作用は収まるだろう・・・。この考え方は、かなり危険な考えです。

なぜなら、私達の体には、一度壊れたら再生できる細胞ばかりではないからです。

 

肝臓の細胞や腎臓の細胞が傷つけば、体の浄化装置がダメージを受けるわけですから、免疫力は急激に低下してしまいます。

脳細胞や体で活躍している血液や免疫細胞すべてが活性酸素の害により、死滅したり変異を起こしたりしてしまうのです。

抗癌剤は自分自身の自然治癒力を限りなく奪っていく恐ろしい存在であるということを知ったうえで、利用しなければならないんですね。

がん細胞を攻撃した後の活性酸素を体からすぐに排除してあげればいい。

還元力の高い水この体内の大量の活性酸素を一瞬で取り去る方法が、水素水の飲用になります。

 

 

体の中に水素を大量に取り込んであげると、体の中の活性酸素は一瞬で無害な水にかわることができるのです。

ガンを攻撃した後に余分に残った活性酸素を少しでも体内から排除してあげることが、最強の副作用対策になるんですね。

 

水素水をどれくらい飲めば効果があるのか?

私達の体には、健康体の人でも日々大量の活性酸素が発生しています。

その原因は、ストレス、農薬、化学物質、食品添加物、たばこ、食べ過ぎなど生活では避けることが難しいことばかり。

それに加えて、薬を大量に投与したり、手術などで影響を受けるがん患者の皆さんは、健康な人の数倍から数十倍の活性酸素を発生させているといっても過言ではない状況です。

常に発生しつづける大量の活性酸素を取り除くには、常に還元力の高い高濃度の水素水を頻繁に飲用することが必要になります。

今飲んでいるお水はどれくらい還元力のある水(活性酸素を排除できる能力のある水)ですか?

下記の動画はある水素水発生器を紹介する動画です。

この動画の中で、私達がいつも飲んでいるお水(水道水、ミネラルウォーター、水素水)の還元力を調べたわかりやすい実験が解説されています。

ご自身が今飲んでいる水が、どれだけの還元力を持つ水なのか、ぜひ検証してみてください。

 

還元力という言葉はわかりにくいですが、体の活性酸素を取り除く力と考えていただくとわかりやすいと思います。

難病をも治す力があるといわれる世界的に有名な奇跡の水『ルルドの水』や『テラコテの水』などは、この還元力が圧倒的に高いと言われ、この還元力が不治の病をも治す力の源といわれています。

 

上記で紹介されている電解水生成器はガン患者の方の治療には最適な高濃度といわれる水素水を1リットルたった2円という値段で作ることができる整水器です。

 

上記で紹介されている整水器:ピュアオスモをもっと詳しく知りたい方はこちら

 

私は20年前に子供が産まれるときをきっかけに、このような電気分解ができる整水器を購入して利用していますが、一台40万円台という高額な値段でしたが、上記の整水器の水素発生量には到底及ばない数値です。

今は、技術も発達しているので、このような高濃度水素水生成器の機械も以前の3分の1程度の価格で購入できるようになったのは、本当に喜ばしいことですし、もっとたくさんの家庭で導入できれば、かなりの癌を未然に防ぐことができると思います。


 

整水器は高いという誤解

通常通販などで販売されている水素水は、上記の浄水器で作った水のわずか数分の1程度の水素しか含まれていませんが、300ミリリットルで300円程度と高額である場合がほとんでです。

この手軽に飲めるパウチタイプの水素水は、水素濃度が低いため、とても大量に飲用しなければ、抗癌剤などによる膨大な活性酸素を排除することはできません。

一日10本飲んでも、がん治療としての効果を期待することは難しいといえるでしょう。

一時的な飲用では無意味。継続的な水素水の飲用が重要である

がんは、一時的に見えなくなっても体の中にこっそり潜んでいる場合のほうが多く、いつでも抵抗力の弱った体を侵略する機会を狙っています。

そのため、ガンに罹ったなら、最低でも還元力のできるだけ高い水を一生のみ続けることがとても重要です。

毎日300円の水を10本飲んでも、あまり還元力が効果が期待できない水を選ぶよりも、一時的には出費がありますが、その後何年にもわたり、家族みんなで水素水をしっかり取り入れるほうが圧倒的に経済的であり、健康を維持する上でも、とても必要なことだと考えています。

 

常に作りたてで高濃度の水素水を常飲できる環境を作ることが、がん患者さんにとってどれだけ力になり、抗癌剤の副作用をも軽減しガンに打ち勝てる体になれるのかが少しでも理解していただけたら幸いです。

どんなに素晴らしい栄養や健康食品を取り入れても、体の中に活性酸素を残したままでは、その効能も相殺されて抗癌効果を発揮することができません。

まず飲用水を還元水に変え、活性酸素を排除すること。

これが自分でできる最高かつ最短でできるがん治療ではないでしょうか。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る