抗がん剤で『再発なし』のからくりについて知っておくべきこと

癌の再発予防

抗がん剤で『再発なし』のからくりについて知っておくべきこと手術もした、抗がん剤も行い検査の結果『再発なし・転移なし」そういわれて
安心している人も多いのではないでしょうか。

しかし、これが本当に安心して良いことなのか。
癌という恐ろしい敵はそう簡単に退治できるものではないことを
よく理解しておく必要があります。

5ミリ以上の微小癌はPET検査・最新のCTでも発見できない

もし、医師から体の中に転移などは見当たりません。

と言われたとき、どう解釈するでしょうか。

「よかった。これで通常の生活を送れる・・・。」
もし、そうあなたが思っているのなら、とても危険です。

本当の真実は、
「今のところ発見できる大きさの癌は見当たりません。」
が正しい伝え方なのではないでしょうか。

抗がん剤で癌が消えた。
これは、抗がん剤で癌が見えないサイズまで縮小した。

このように解釈したほうが良いかもしれません。

一ミリの大きさのがん細胞の中には、
約百万個のがん細胞が存在していると言われています。

つまり、体の中に百万個のがん細胞が存在していても、
医師は再発なし、転移なし。そう患者に伝えることになるということです。

癌という病気が発見され、多くの人が抗がん剤の投与を受けるでしょう。

その際、医師の説明は、再発率が低くなる、
癌が消えるなどと説明するかもしれません。

しかし、それはあくまでも、がん細胞が見えない大きさに縮小したということであり、
また元の大きさになるのは時間の問題なのです。

抗がん剤の投与を受けた体は、予想以上にダメージを受けており、
次に敵が襲ってきた時に闘う免疫力が極度に落ちている状態です。

だから、生き残ったがん細胞は、敵が少なく、弱体化したことをいいことに
猛烈なスピードで増殖を始め、体を覆い尽くしていくのです。

抗がん剤以外で癌細胞を殺す方法を知ることが大切

本当にがん細胞をゼロにするにはどうすべきか、
それは目先の縮小のスピードに着目するのではなく、
癌を誘発する自分自身の体の中を浄化し、
癌が生きづらく、増殖しづらい体に変えていくことが

確実かつ最短に癌を治す方法ではないでしょうか。

医師は収入に直結せずに、化学的に証明できない食事療法や
生活改善の指導は積極的に行ってはくれません。

再発率の低下という見せかけの化学的根拠を提示し、
患者を薬という莫大な収益を生み出す治療へと誘導する。

このからくりについて知ることのない多くの癌患者たちは
治るべき癌をも悪化させ、再発を繰り返すことになるのです。

病気と闘うのは自分であること。
自分が十分な知識の元、治療方針をどうすべきか決めて
病院を選んだり、治療方針を検討しなければ
この恐るべき的に立ち向かうすべはないのではないでしょうか。

このサイトでは、標準治療以外の最先端医療について
様々な医師の臨床の元、得られた成果や実績の症例を
たくさん紹介しています。
ぜひ、参考にしていただき、最善の治療法をみつけだしていただければ
と思います。

関連記事

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る