手術に成功しても生存率は上がらない【ある外科医の選択】

福田稔癌

手術に成功しても生存率は上がらない【ある外科医の選択】

お金をかけずに、自分自身の手で行える
手術や薬よりもっと有効な治療手段があった!

患者の命を救いたい・・・。
生活の質を落とさずに、健康で生活できる身体にしてあげたい・・・。

そう願いながら、いくつも癌の手術を行う中で、生まれる疑問
「なぜ、癌をすべてとったはずなのに、
半数以上が再発して患者が亡くなっていくのはなぜだろう。」

その外科医は思ったそうです。
自分の行っている医療にたいしての疑問、「治すために行う手術であるはずなのに、
それが患者さんにとって、良くないことをしているのではないか。」

そして、その思いは更に強まり、「切手はいけない、切りたくない」
に変わっていきました。

そして彼は、本当に患者を救える医療について研究を始めます。

そして、ある事実を突き止めました。

この外科医の名前は、免疫学の権威と言われる福田稔先生です。
福田先生は、県立の病院でいくつもの癌患者、慢性疾患の患者の手術や治療を行ってきました。

その中で、手術、薬を中心とした医療に対して、無力感を覚えたのです。

メスから自律神経を整える免疫療法へ転換

福田先生は、治療を行っていく上で、自律神経の乱れと
病気の発症、完治が大きく関係していることを発見されました。

そして、この自律神経を整えることで、免疫力を活性化させて
現代医療では見放されたような患者さんが、どんどん快方に向かう現実に確信をもち、
刺絡療法という医療を広めるべく、治療を行いながら普及活動をされたのです。

自律神経免疫療法でどんな病気が治せるのか

癌、リウマチ、ひざ痛、肩こり、不眠症、高血圧、アトピー性皮膚炎、膠原病、喘息ほか
難病とされる全ての病気に効果を発揮します。

なぜ刺絡療法で病気を改善することができるのか

20代の頃は病気一つしなかったのに、年齢を重ねるごとに
病気がちになり、あちこちに症状が出てくる・・・。

これは、ストレスや食生活などにより身体に負荷がかかり、
白血球が減少したり機能低下をおこしているため、外的から入ってくる
ウイルスや細菌はもちろん、体内で起こる異常を回避する力が弱まっている証拠です。

いわゆる、免疫力が低下している状態ですから、この免疫力を回復してあげることで
病気の原因となる悪者を排除するシステムの機能が復活し、病気が治るという仕組みです。

この刺絡療法という方法は、電子鍼や注射針による刺激で、
乱れた自律神経を整える方法で、患者さん本人で実践可能な方法でもあります。

自宅や病院のベッド、仕事の休憩時間などいつでもどこでも自分の手で行うことが出来る治療法は
他に見たことがないかもしれません。

必要なお金は本一冊にツボを刺激するための道具だけ・・・。
これで何十万、何百万円かけても治らなかった病気が治せるのでしたら
やらない手はありませんよね。

 

病気は複数の要因が積み重なって起こるもの。
治療も様々な方法を積み重ねなければ完治しない!

刺絡療法だけで病気が完全に治せるか?と言ったらおそらく難しいことでしょう。
身体にとって悪いといわれる要因を取り除いてあげなければ、いくらプラスなことを
行っても、マイナス要因の方が大きければ病気は治るはずがないからです。

病気を治そうという強い意志で、マイナス要因を取り除き、
身体にとってプラスになることを積み重ねることで、はじめて
病気を克服できるパワーになるからです。

食事療法、運動、通院治療と平行して自律神経免疫療法を取り入れて、
健康な身体を取り戻してください。

福田稔先生の自律神経免疫療法の書籍一覧はこちらからご覧いただけます。

関連記事

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

00_seiyoymitsubachi120722

2016.10.3

抗腫瘍効果の高いプロポリス【末期癌克服女性も飲用中Brix濃度40%以上のブラジル産原液最高級品を検証】

もしかして、これってプロポリスのおかげ? 「そうそう、副作用も飲む前より軽くなった気がする」 「やっぱり?実は、私もそう思ってたの。…

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る