恐しい糖尿病と癌の関連性について

糖尿病と癌

恐しい糖尿病と癌の関連性について

糖尿病の患者さんは癌に罹りやすいって本当?!

がん細胞は、分裂を繰り返し転移するために必要なエネルギー源を、血液中のブドウ糖から得ています。

がん細胞は正常細胞に比べ、6倍以上ブドウ糖を必要とし、ブドウ糖が常に体の中過剰に存在する糖尿病の患者さんの体内は、がん細胞にとっての格好の住処となってしまうのです。

糖尿病になると、心配する病気は心筋梗塞や脳梗塞などの合併症と思われがちですが、死亡率で見てみるとがんで亡くなられる方は心筋梗塞で亡くなられる方の3倍となっています。

 

癌を早期に発見する検査方法としてPET検査がありますが、これは体内にブドウ糖に似た構造の物質を点滴で注入して、その物質をブドウ糖と間違えて取り込んだがん細胞を画像診断して見つける手法です。

現代の食生活で、糖尿病予備軍の方が増えているといわれていますが、これは癌予備軍も同時に増えているということなのです。

 

糖尿病の原因もがんの原因も栄養過多による食事が大きく関係しており、その改善方法としては、食事を改善することが一番の近道です。

糖尿病は癌に比べると軽視されがちですが、いろいろな病気を引き起こす恐しい病気であることを忘れてはいけないようです。

糖尿病の食事法もさまざま

では、糖尿病や癌を予防するためにはどのような食生活が望ましいのでしょうか。

下記の2つのプログラムは、どちらも糖尿病を食事で改善する方法が紹介されているのですが、一方は玄米菜食を推進する方法。

もう一方は断糖(肉食メインの食事法)が推奨されています。

 

まさしく、ガンにおいても同様な議論がなされており、患者としては選択に迷うところでもあるわけです。

しかし、どちらの理論も間違いではなく、両方の良いところを自分なりに融合して実行することが重要だと感じます。

商品を購入しなくても、商品の案内ページでかなりの知識が得られるようになっていますので、糖尿病が心配という方はぜひご覧になられると参考になるのではないでしょうか。


関連記事

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る