怒り・不安・不満・絶望などの感情の抑圧が癌を引き起こすメカニズム

am500_sc071

怒り・不安・不満・絶望などの感情の抑圧が癌を引き起こすメカニズム

怒り・不安・不満・絶望・悲しみなど押さえ込んでいる感情を開放したとたん癌のしこりがやわらかくなり、消失した!

心に無意識に存在する不の感情を開放してあげたとたんに、癌などの難病が治癒してしまう事例がいくつもあるそうです。

ある女性は、心的に抱えていた父親とのわだかまりやトラウマを顕在意識に引き出し、それを受け入れた途端に3センチ大の乳房のしこりが数時間後にはひまわりの種の大きさまでに縮小してしまったそうです。

 

これは、科学ではなかなか証明できないため、ただの偶然であるとか、病院での治療が効果を発揮したなどという概念で捉えられがちですが、これをある程度根拠のある形で解説してある文献があったので、ご紹介したいと思います。

ストレスが免疫力低下をひきおこす根拠について

ストレス→交感神経優位→顆粒球の増加→活性酸素の増大→正常細胞の損傷・リンパ球の減少

正常細胞の遺伝子を傷つける原因が活性酸素であることは、広くしられています。

しかし、この活性酸素を最小限にするためにはどうしたらよいのかは、あまり周知されていないようです。

私達はストレスを抱えると、緊張状態になり交感神経が高ぶります。

現代人のほとんどが、責任や義務、固定概念などにがんじがらめになり、常に緊張した生活を強いられていると言っても過言ではありません。

職場でストレスを抱えていたり、人間関係で怒りや不満を抱えていると、肩や首が凝ったり、風邪を引きやすくなったりした経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか。

ストレス反応は、生物が生きていく上で、命を守るための火事場のクソ力的な闘争本能や逃走反応を引き出し、私達を守ってくれる存在でもあります。

しかし、過剰で持続的なストレスは、活性酸素を過剰に生み出し、さまざまなホルモンの異常分泌や分泌低下を引き起こすことで、さまざまな機能不全をひきおこしてしまうのです。

ストレスが与える脳への悪影響とホルモンバランスの乱れとリンパ球の減少

ホルモンの分泌を司る脳の視床下部や脳下垂体は、怒りや悲しみ、不安という感情により大きな影響を受けてしまいます。

特に影響大きいのが、怒りの感情であるといわれています。

交換神経過剰の状態では、興奮ホルモンであるアドレナリン受容体が増加し、顆粒球が増加、活性酸素が増加してしまうのです。

また、顆粒球が増え、活性酸素が増大すると、アセチルコリン受容体を持ったリンパ球、NK細胞の数が低下してしてしまうために、病気に対する抵抗力が下がってしまうのです。

 

慢性的にストレス状態が続くことで、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールの分泌が過剰になることも問題点の一つです。

コルチゾールの血中濃度が高くなることで体内組織が破壊されます。

免疫細胞が破壊されることでも、免疫力の低下が加速されるという悪循環を引き起こします。

また、アドレナリン濃度が継続的に高くなることで、血圧が上昇し心臓や血管に負担をかけることになります。

ブロックされた心的エネルギーの歪みや滞りがガンや難病を発症させる引き金になる

自分の中に抑えきれない怒りや不安を抱えているのに、思い出す苦しみから逃れるために、無意識下に追いやっていることを自覚できる人はごく少数であり、自分自身でも気づいていないことのほうが多いようです。

思い出すと涙がでたり、ムカムカする感情は考えるだけで苦痛を伴うため、無意識の奥深くに封印しているのです。

しかし、この感情を受け止め、感情の開放をしてあげなければ様々な身体的、精神的なトラブルを生み出す原因になってしまうのです。

感情を抑圧したエネルギーが無限に増殖するがん細胞という形でエネルギーを放出させている

憤慨や悲しみなどを押さえつけたときに素直に感情を表現し、発散させられればよいのですが、これを押さえ込んだとき、私達の体には膨大な負のエネルギーが蓄積してしまいます。

そして、そのエネルギーを発散させる場所の一つとして、がん細胞の増殖があると考える説があります。

たしかに、正常細胞には分裂の限界があり、自然消滅するのに対し、がん細胞は生命体が存在する限り増殖し続けるパワフルな一面を持ち合わせています。

 

私たちは、小さい頃から我慢することが大切、協調性が大切、努力が大切と我慢したり感情を押さえつけることが良いことのように植え付けられることが多いようです。

特に学校という集団生活で生活する上では、自分の感情をすべて自由に表現することはとても難しい環境です。

その自分を押さえつける習慣が、大人になっても習慣となり、病気を生み出す思考を作り出していると言えるのではないでしょうか。

激しい感情的なトラウマを体験した1、2年後にガンが発見される

死別、事故、失恋、災害、大きなストレスなど激しい感情的なトラウマを受けたあとに、ガンが発見されることはめずらしいことではありません。つまり、ガンという病気は外的要因も影響を受けますが、心的要因がとても大きく関わっているといえるのです。

悲しいときには思いっきり泣き、怒りたいときには激怒し、不安はなるべく早く解決策を見つけ解消する。

これらがわがままであるという固定観念を捨て去り、もっと自分自身を認め、愛し、感謝してあげること。

我慢しない! 怒っていい! 自分の感情に素直に行動する!

自分の感情が気持ち良いこと、魂が本当に喜ぶことを選択することで、ガンのリスクを大きく低下させ、身体にあるがん細胞をも消失させる大きな可能性を秘めていると言えそうです。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る