心と病気の治癒率の大きな因果関係【不安を解消するだけで病気は改善する!】

不安癌

心と病気の治癒率の大きな因果関係【不安を解消するだけで病気は改善する!】

不安を解消するだけで病気が治る!?

先日、鍼灸治療院を営む先生から、難病治療についてお話を伺うきっかけがあったので、
その中で離されていた不安解消と病状の因果関係についてお話したいと思います。

その治療院の先生は患者さんの手を握り、安心感を伝えることで患者さんの寿命を大きく伸ばすほどの効果を上げたというお話でした。
一番驚いたのは、余命2習慣と言われていた患者さんです。
目はもうろうとして、口も聞けない状態。もちろん足も動きません。
そんな患者さんに治療を施して、その後2年半生存されたというのです。

何度か治療を繰り返すうちに、もちろん口もきけるようになりましたし、歩けるようになりました。

先生がおっしゃるには、これは患者さんに安心感を与える治療法とのことでした。
病気は不安から起こるもの。
その不安が、経済的不安だったり、仕事の不安だったり、健康面の不安だったり、原因は様々ですが患者さんの不安を取り除いて上げれば病気は改善していくことができるそうです。

人は恐怖・不安・恐れを感じると腎臓が萎縮して生命エネルギーが低下する。

私たちは、日々の生活で様々な不安や恐怖を抱いています。

自分が意識していない部分でも不安を抱え続けている場合も少なくありません。

人は不安や恐怖といった感情を抱くと腎臓に貯めこんでしまうのだそうです。

癌などの難病を抱えている場合、なんらかの継続的な不安を抱えていないだろうかと自問自答してみましょう。

そして、心当たりがある場合は、その不安の原因を取り除く方法はないだろうか。と考え、思考を変えるだけでも不安や恐怖を大きく軽減できるかもしれません。

もし現在、癌という病気による恐怖を抱いているのであれば、たくさんの改善事例の本を読んだり聞いたりすることで、癌は治せる病気であること。
病気と闘う勇気と希望を抱くことができるはずです。

病気と闘うことは、肉体的な目に見える部分の治療と心のケアがとても重要になるということですね。

 

関連記事

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る