平熱35度台の体温はとっても危険!低体温のままでいると癌になる?!

低体温と病気

平熱35度台の体温はとっても危険!低体温のままでいると癌になる?!『あなたの平均体温はいくつですか?』
現代の食生活やストレス過多な生活で、35度台の平均体温の人がたいへん増えているようです。
普通、体温が低いくらいでは冷え性かしら?と思うくらいで、あまり気にしていない人も多いかと思います。
しかし、一度体温がさがるということは、免疫力が30%もさがるということをご存知でしょうか?

健康な時は、自分の免疫力が多少低くても、ちょっと風邪にかかりやすくなったわ・・・。

くらいであまり気にすることはないと思いますが、これはとても怖いことだということをぜひ知ってもらいたいと思います。

低体温によって引き起こされる病気には以下のような身近な病気全般が含まれています。
ガン(悪性腫瘍)、糖尿病、関節性肺炎、胃潰瘍、認知症、潰瘍性大腸炎、
アトピー、花粉症、パーキンソン病、骨粗鬆症、メニエール病、喘息など本当に身近な病気すべてが
体温と関係があるといわれています。

健康な人の平熱は37.1度から36.5度の間の人のことを言うそうです。

私は生まれつき低体温だから・・・。そう思っていませんか?
私も以前は平熱を上げることは難しいことと思っていました。
しかし、生活環境や食事などさまざまな点にきをつけることで、
体温の健康体の36.5度以上にキープすることは可能になります。

大きなストレスが長期に続くと
     ↓
交感神経と副交感神経のバランスが崩れる
     ↓
2つの大きな免疫系統の低下
(ホルモンバラス系)細胞のダメージを回復させる機能の低下
(免疫系)バイ菌やウイルスへの抵抗力の低下

人の体は、健康体の時でも、常に毎日、数千のがん細胞が体内に発生しており、
それは上記のホルモン系、免疫系統が正常に働くことで、がん細胞を死滅させることができています。
しかし、長期のストレスがかかった場合、それらのがん細胞は体内で生き残り、分裂を繰り返し、
5~10年をかけて検査で発見できる程度のがん細胞に成長し、それからは加速度的に大きくなり
命を脅かすまでに成長するには時間の問題です。

つまり、ガンが発見された時にはすでに何万回の分裂を繰り返しているわけで、
それからがん細胞を殺そうとするのは、本当に難しいことなのです。

健康体の時にこそ、自分の免疫力を常に一定に保つことに全力を傾けていくことが
一生健康に過ごすことの一番大切なことであると言えるでしょう。

 低体温=発がんリスクの増大

次の記事で、低体温についてさらに深く見ていきたいと思います。

 

関連記事

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る