尿検査で100円がん検診【超早期癌も発見率95.8%!線虫嗅覚を利用した検査方法】

がん検診

尿検査で100円がん検診【超早期癌も発見率95.8%!線虫嗅覚を利用した検査方法】

癌医療を根底から覆す画期的検査方法発明!癌の死亡率減少へ期待

癌の検査法は進歩しているといっても、
癌の発生部位によっては発見が遅れたり、

ある程度の大きさにならないと発見できないというデメリットがあった。

しかし、今回発表された癌検査の方法では、
癌患者が持つ特有の匂いをヒントに
研究が進められ、
今まで発見できなかった早期の癌でも
発見が可能となることが期待できるとしている。

検査方法も尿を一滴を検査機関に送るだけ、
しかも検査結果は一時間半で結果が出るという。

線虫の嗅覚を応用した検査方法とは?

線虫がん検診

その画期的方法とは、土壌や水中のに生息する線虫という
微小動物の習性を応用したもの。

繁殖も簡単なため、検査費用は低料金に抑えることができる。

この線虫は嗅覚にすぐれ、
癌特有の匂いは好み、癌でない健康体の人の尿から逃げ出す習性をもつことが発見された。

腫瘍マーカーより圧倒的に精度の高い検査結果

癌患者・健康体、計242人でこの尿による線虫がん検診を試したところ、制度は95.8%。
まだ癌が発見されていない健康体群の中からも癌患者が発見された。
初期の癌も検知、
腫瘍マーカーより高い精度で癌が発見できることが証明された。
これを利用すれば、体内に癌が存在するかを体の負担もなく、
金銭的負担もない、
しかも病院に行く必要もなく郵送だけですむ方法でがん検診が可能になる。

これが実用化されれば、
進行癌で発見される癌患者は劇的に減少が期待できるだろう。

しかし、この線虫がん検診では、
部位を特定するまでは現段階ではできないため、
癌が存在する可能性があると診断された場合は、
詳細な検査が必要となる。

今までがん検診といえば、
CT検査やMRI、PET検査など放射能の被爆のリスクや、金銭的リスクも多く、
多くの患者さんが気軽にできるものではなかった。

今回のわずか100円から数百円というコーヒー一杯分程度の価格で
手軽な癌検診が浸透すれば、
癌の死亡率の低下、医療費の減少に大きく貢献するだろう。

今回この検査を発見したのは、九州大学の研究グループで、
3月11日のアメリカの科学誌電子版に掲載され、
2019年の実用化を目指している。

関連記事

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る