小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代がん予防

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ

少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと思います。

読んでいただければ、あなたのがんリスクを大きく引き下げることができるでしょう。

知らないことは、一番のリスクです。

ほんの数分の時間で、将来のガンの発病を防ぐことができるようになります。

わずか10年で倍増するがん罹患率から見る食生活の危機を知ろう

がん罹患率推移

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、ガンにかからないという自信がありますか?

自分だけは大丈夫だと思ってはいないでしょうか?

今回の小林麻央さんの乳がん報道で、若い世代の女性の癌に対する意識に変化が見られています。

31歳という若い年齢での発病は、他人事ではないとがん予防の必要性について大きな影響を与えるきっかけになったようです。

 

乳がんという病気は、最近はどんどん低年齢化する傾向にあり、10年前と比べると乳がん罹患率は2倍以上に上昇しているのが現状です。

これは、乳がんだけでなく、肺ガンや大腸がんなどすべてにおいて同じ傾向にあります。

若いから大丈夫という今までの常識から若いうちからがん予防をすることが必要不可欠といっても過言ではないのではないでしょうか。

なぜ乳がんをはじめとする若い世代の癌が増加の一途をたどるのでしょうか?

やはり、ここまでガンが増加の一途をたどる理由は、食生活に一番の原因があるといえるのではないでしょうか。

  • 小さい頃からファーストフードや店頭に並ぶ添加物や防腐剤だらけの食べ物を常用する。
  • 常に発がん性物質を多く含む水道水の飲用
  • 冷房完備・運動不足のため汗をかかないことによる毒素の体内蓄積
  • スイーツや炭水化物中心による高血糖体質(癌が好む体内環境)
  • 生のフルーツや生野菜の欠如による酵素不足
  • 過食

つい、私たちは便利で安価な食べ物を選択してしまうため、すでに作られた状態で販売されているお弁当、惣菜、おにぎり、お菓子で日々の食生活を済ましてしまうということが当たり前になりつつあります。

とにかく、美味しくておなかいっぱいになればいい。

すでに親世代である30代から40代の世代でも、こうした外食・ファーストフードが一般的の食生活では、子どもたちはこれが当たり前であり、これがどんなに健康に害があるものかを疑い余地もありません。

親世代がその危険性に気づかずに、子供世代に引き継がれ、どんどん悪循環になっていく。

これが癌の発症率が年々増加する大きな原因ではないでしょうか。

急がれる若年層・親世代への食育

  • 絶対のカビの生えないパン、弁当、おにぎり
  • 開封後、数日放置してもまったく変化のないペッドボトルのお茶
  • 虫のつかないキャベツや葉物野菜
  • 化学薬品で皮をむいて作られたみかんの缶詰
  • 抗生物質や薬漬けの養殖された魚
  • ただ売れればいいという視点で作られた食べ物
  • 漂白剤や防腐剤で洗われたサラダ
  • 化学調味料や乳化剤などを大量に使ったソースや調味料
  • 何度も使い回し、酸化した油で揚げられた揚げ物

私達の日々口にしているもののほとんどは、売上第一主義で作られた飲食物であり、消費者の健康を考えてつくられているわけではありません。

一度カビや食中毒が発生したら、企業は死活問題になってしまいます。

そのため、大量の防腐剤が使われることは容易に想像することができます。

実際、手作りで作ったサンドイッチは、半日常温で放置しておけば腐敗し、異臭を放つのに対し、コンビニやスーパーで販売されているサンドイッチや菓子パンは普通に消費期限が1日~3日と長くなっています。

これがどういうことを意味するのか、そこまで深く考えて食品を購入している人はそんなには多くないようです。

外食・コンビニ食・既成品はすべて危険な食品だと疑い、緊急時以外は食べないこと

私達が年間摂取してしまっている防腐剤や添加物は年間4㌔以上とも言われています。

このような食生活を続けていれば、腎臓や肝臓などの機能が低下し、免疫力はどんどん低下し、血液は汚れていきます。

すでに20代という状態で、体内環境が劣悪な状況という人も少なくないのです。

このような食生活を続けていれば、30代、40代でガンを発症しないほうがおかしいと言っても過言ではないほど、今の若い世代の食生活は乱れているといえるでしょう。

安・楽・甘を遠ざけ、良質なものを少量、手作りの食生活へ

毎日手をかけて食事を作ること。

これは、とても大変なことです。

いつでも、どこでも安価で美味しいものが買える時代だからこそ、危険だと言えるでしょう。

20代からガンの芽は確実に発生している。

健康体の人でも、毎日大量のがん細胞が生まれては死んでいることをご存知でしょうか。

血液がきれいで、健康体であるならば、ガンを死滅させるメカニズムが正常に発動し、ガンの増殖を防ぐことができます。

しかし、毎日の食生活を怠り、体内環境が悪化してくると、その防御システムは機能が低下し、ガンを抑制できなくなってしまいます。

ガンの予防は、常にどんな食べ物を選択するか。

どうストレスのない生活を送れるかということを常に意識し、生活することが最も大切になるのではないでしょうか。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る