安保徹先生急逝【ご冥福をお祈りします。あらためてありがとうございます。】

安保徹死因

安保徹先生急逝【ご冥福をお祈りします。あらためてありがとうございます。】

安保先生、本当にお疲れ様でした。そして、心からありがとうございます。

先日、2016年12月6日免疫医療を牽引してきた安保徹先生の訃報が突然報道されました。

69歳の若さでの突然のこと、健康を提唱されていた先生だっただけに、なぜ?なんの病気で亡くなったの?

という疑問を持たれた方が多かったようです。

安保徹先生の直接の死因は大動脈解離という病気

安保徹先生のお亡くなりになられた直接の原因は大動脈解離という、血管の破裂によるものだったそうです。

安保先生の書籍を読んだことがある方ならおわかりになるかもしれませんが、免疫に関わる自律神経系のメカニズムなどが中心であり、考えてみれば血管などの分野には触れられている執筆などはお目にかかったことがありませんでした。

全国を縦断するハードな講演会などをこなす中、疲労が溜まったのかもしれません。

私の免疫学の原点を築いてくれた著書「免疫革命」との出会いに感謝

私が、重なるストレスと仕事の負荷から体調を崩したときに出会ったのが、安保徹先生の免疫革命でした。

私は、この著書に出会わなかったら、生き方に目を向けることもなく、ストレスを溜め続けた結果、今ある貴重な命を失っていたかもしれないと思います。

そして、この安保理論を原点として、免疫医療の大切さをもっと世の中の人に知ってほしいという強い衝動にかられたきっかけになりました。

私自身が命を救われた一冊といっても過言ではないこの本や安保先生の理論を沢山の人に知っていただき、健康維持や病気治療に役立ててほしいと強く感じます。

自律神経系のシステムが免疫力の強さを左右していた!

免疫と副交感神経、交感神経の関わりを知ることは、人が健康を維持するために、とても重要な手がかりになると思います。

100冊以上の著書を執筆され、私達にその大切なことを発信しつづけてくれたこと、時には医療業界からバッシングを受け、本人が命を狙われていると感じるような状況にあっても私達のために尽力してくれた功績は、感謝してもしきれないものだと思います。

もっとたくさんの人に安保理論を知ってほしい

  • 病気はなぜおこるのか
  • 日々の生き方、考え方が最も重要なこと。
  • 医療との関わり方
  • 私達人間に備わっている科学でも対抗できない体のメカニズムの素晴らしさ
  • どうしたら、免疫力を上げて健康に行き続けることができるのか
  • 病気になってからの対処法
  • がん医療の真実

安保先生のすべてのエッセンスが詰まった一冊「免疫革命」

辞書のような一冊の本には、大切なことがびっしりと書かれています。

安保先生の書籍を読んだ方々が、どれだけ未病や病気の状況から命を救われたのか、これからも沢山の人に影響を与えてくださる存在であることは間違いないと思います。

 

安保徹先生の数十年に渡る研究と医療経験から得られた真実をぜひ、手にとってみてください。

必ず、健康という最高のお守りを手に入れられるはずですから・・・。

安保先生の書かれた書籍の一覧はこちらです

関連記事

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る