子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

子宮頸がん

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。

37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で
単独治療だけを行ったグループと温熱療法を併用したグループで比較したところ、
単独グループは52.5%の完全消失率、温熱療法との併用グループでは
83.3%の完全消失が確認されました。

温熱療法治療はハイパーサーミアとも言われ、薬物治療で用いられる
抗がん剤の効果を高めてくれる作用があります。

そのため、通常の抗がん剤の使用量を抑えることができるなど
さらに患者にとって負担の少ない上に、自分の免疫力を高めるという
ダブル効果でガンを消滅へと導く効果が期待できるのです。

できるだけ患者に負担の少ない治療を行う病院では、
温熱療法と低用量化学療法の併用が行われています。
(富山県 藤木病院)

低用量化学療法では、通常の半分から3分の1程度の
抗がん剤で治療を行います。

この他にも独自の治療法で癌と共存することにより
大幅な延命効果を期待できる医療方針(ガン休眠療法)を行っている病院もあります。

これは、標準治療のように癌を叩くのとともに
正常細胞や臓器がダメージを与えて、
体全体の機能を弱らせる治療法とは異なり、
癌を眠らせる治療法をすることで、
癌が存在していても、今までの生活に近い
生活が送ることができるのです。

たしかに、癌が体内に存在することは気持ちの良いものではありません。

しかし、敵を叩くために見方を滅ぼし、その結果
生命を奪われる人がどんなに多いことでしょう。

癌という強敵に立ち向かうためには、
このような休眠方法を行うことも、また有効な戦略なのかもしれません。

 

関連記事

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

水素水がん治療

2016.9.30

世界三大奇跡の水『ルルドの泉・ノルデナウの水・トラコテの井戸水』と癌治癒の因果関係

世界三大奇跡の水でガンは治るのか? 治療困難の末期のがん患者でも奇跡の水でガンの治癒効果があがるのでしょうか。 ルルドの泉では、過去…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る