子宮絨毛癌を克服して双子を出産した長友明美氏に学ぶ

子宮絨毛癌手記

子宮絨毛癌を克服して双子を出産した長友明美氏に学ぶ赤ちゃんが欲しい。

女性にとっては、最大の喜びであり希望である出産。

赤ちゃんがほしいと願う女性にとって、子宮がんの宣告は人生の一部を切り取られるような痛みを伴います。

 

ここでは、余命6ヶ月と宣告された長友明美さんが、見事に絨毛癌を克服され、がん宣告から2年後に双子の赤ちゃんを出産。

その後、現在に至るまで健康で、ガン撲滅運動に尽力されている姿は、私たちに大きな希望を与えてくれます。

 

できることなら子宮を温存して、癌を克服したい。

そんな方へとても参考となる手記となっています。

がん「五人の名医(光、空気、水、土、食物)」に生かされて―余命半年から30年、末期の「絨毛がん」から生還

長友さんが受けられた治療法については、本サイト細かく触れさせていただいていますので参考になさってください。

この本を読んでいただきたい理由は、通常の病院の治療法とは大きく異なる治療法を受けられている点です。

そして、癌への恐怖心を取り去ってくれる素晴らしいメッセージが詰まっています。

私たちの体には、素晴らしい自然治癒力が備わっています。

しかし、抗がん剤を投与することで、その自然治癒力は弱まり、最終的には癌の住みやすい体に変えられてしまうのです。

本当に手術をして良いのか、本当に化学療法を受けることで癌を克服できるのか。

手術までの期間は、不安や恐怖心の闘いだと思いますが、この期間こそ今後の重要な治療方針を決定するために大切な時間です。

癌を克服された方が、どのような食事をして、どのような治療法を選択したのか。
そのヒントをぜひ手にいれていただければと思います。

きっとあなたのがん克服へのパスポートになることでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

fd401302

2015.1.23

自分でで出来る!NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化【食品・栄養素】

最近、風邪をひきやすい?それはNK細胞が弱っている証拠です。 最近、風邪をひきやすい。病気に感染しやすい。 そんな方は要注意。 免疫力…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る