大豆イソフラボンが乳がんや前立腺癌に予防効果がある食べ物である理由とは?


大豆イソフラボンが乳がんや前立腺癌に予防効果がある食べ物である理由とは?西台クリニック医院長で食事療法で末期癌患者をも治療へと導く実績を持つ済陽高穂医師による『今あるガンが消える食事』より大豆イソフラボンが乳癌や前立腺ガンに抑制有効があるといわれるメカニズムについてお話します。

乳がんや前立腺がんは、性ホルモンによって増殖が促される(性ホルモンがないと増殖しない)ホルモン依存性の癌です。

乳がんが増殖するには女性ホルモンのエストロゲンが、前立腺がんが増殖するには男性ホルモンであるアンドロゲンが必要で、これらが少ないほど乳癌、前立腺がんは増殖しづらい環境になります。

大豆イソフラボンは植物性イソフラボンと呼ばれるほど、女性ホルモンに似た構造を持っています。アンドロゲンとエストロゲンは構造的に非常に似ており、大豆イソフラボンは男性ホルモンにも構造がとても良く似ています。

乳がんや前立腺がんが増殖するときには、これらのがん細胞が持つ性ホルモンのレセプター(受容器=結合するためのコンセントのような部分)にエストロゲンやアンドロゲンが結合します。

しかし、エストロゲンやアンドロゲンと構造が似ているイソフラボンが豊富に体内に存在すると、癌細胞のレセプターをいわば横取りしてしまうのです。

つまり、エストロゲンやアンドロゲンは癌細胞に結合できなくなり、乳がんや前立腺がんの予防・抑制につながるのです。

済陽高穂医師の食事指導においては、前立腺がんや乳癌である患者や再発予防などのためには、大豆、納豆、豆腐、湯葉などの大豆製品をより多くとることを指導されています。

また、イソフラボンは乳がんや前立腺がん以外のすべての癌予防にも効果のある抗酸化物質であり、ビタミンB群、ビタミンE、食物繊維などをバランス良く含み、タンパク質の貴重な供給源でもあります。

前立腺がんの抑制効果がある食べ物としては、大豆の他にトマトのリコピン(カロチノイドの一部)が有効であるという研究報告がハーバード大学から発表されています。

玄米・野菜と大豆を中心とした食事でステージ4の前立腺がんを克服した米国医師

済陽高穂医師の食事療法による前立腺がん克服の症例として、米国の教授であるジェーズ・トンプソン氏本人の症例を挙げられています。

ジェームス氏はステージ4の前立腺がんで、米国の病院において切除不能、リンパ節へのいくつもの転移(最大4センチ)、余命半年と診断されてから済陽高穂医師へ電子メールで相談を持ちかけたといいます。

済陽高穂医師は、玄米菜食、大豆の摂取を指導、玄米に不慣れなためシリアル(穀物を加工した食品)に変更はしたものの、動物性蛋白質の禁止、果物・野菜の大量摂取、大豆食品摂取などの食事療法により、

当初PSA値162→

PSA値3(4センチあったリンパ節が1センチに縮小)米国主治医から治癒したと診断を受けた。

この他にもPSAの数値が5近くあった患者が玄米菜食や豆腐中心とした食事療法により2週間でPSAが2まで下がり、4週間後には1.37に、10ヶ月後には0.98と心配のない状態になった症例もあります。

日頃から、努めて大豆食品を取り入れて、普段の食事から増加傾向にある乳がんや前立腺がんを事前に予防することができることをたくさんの人に知っていただきたいと思います。

 

 
イソラコン
 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る