医者に対する甘えがある限り癌は治せない!

癌を治す

医者に対する甘えがある限り癌は治せない!がん「五人の名医(光、空気、水、土、食物)」に生かされて―余命半年から30年、末期の「絨毛がん」から生還を執筆された長友明美氏の主治医は、「がんになったのは自分自身にも責任がある。」という自覚をもつことががん治療への出発点であり、「自分の病気は自分で治せ」と患者を突き放すところから始めるそうです。

医師や薬が自分のガンを治してくれるといった甘えを捨て去り、変えていくことは決して簡単なことではなく、そこで考え方が変わらない場合は、残念ながらどんなに初期の癌でも治すことは難しいでしょう。

手の施しようもない状態でも、患者の意思一つで、治療効果が100であったり、0であったりするわけです。いる

ここで、自分自身がこれから一生病気と闘う決意をしていかなければ、ガンという全身病と闘うことは難しいのです。

長友氏の本にも、「怖いのはガンではなく、絶望という病気です。」と記されています。

 

今、あなたは絶望していないでしょうか?

もし、諦めているならば、一緒に治療への糸口を探していきましょう。

私も微力ではありますが、あなたに希望をもっていただくために、全力で応援させていただきます。

もし、ガンが治るということが信じられないという方は、このブログを最初から読んでみてくださいね。私が、今まで読んできた数十冊のガン関連の書籍から有益な情報を掲載させていただいていますので、ガンを治せると希望をもっていただけるお手伝いができると思います。

まずは、自分のガンは治るということを心から信じられるか、信じることができないか・・・。これが一番の運命の分かれ道になることは間違いないと思います。

1. ストレスの原因をすべて排除する。(今は自分自身を見つめることに専念してください。まわりのことは一旦すべて白紙にするくらいでないと治せません)

2. ガンは身体の一部にできたものではなく、全身の免疫力が低下しているためにおこる病気です。何年もかけて、一生自分の免疫力を最大限にしていくこと。

むつまり、自分しかガンを治療することはできないということです。

3. さまざまな情報を積極的に入手しましょう。情報の中には、まったく相反する情報が存在します。しかし、それらを一度インプットし、自分の中で最善の治療法を導き出すことが重要です。 人それぞれ、同じガンであっても、発病した原因や環境が異なるからです。

癌になったら、病院や医者が治してくれる・・・。この気持ちを変えないかぎり、癌は治すことができない! そのことを忘れないでくださいね。

関連記事

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る