余命1年全身転移の末期肺がんを自然消失させた男性の治療法とは?

玉川温泉

余命1年全身転移の末期肺がんを自然消失させた男性の治療法とは?2カ月具合が悪くて検査したら、すでに肺、食道、リンパ節転移によりステージ3Bと診断を受けました。
手の施しようもないため手術も不可能。
余命1年と宣告された男性が自らの免疫力を高める方法を取り入れることで
2回目の検査で癌を自然消滅させた治療法をご紹介します。

 

彼は、抗がん剤・放射線治療の怖さを知っていたため、
これらの標準治療は最終手段として行わず、
自ら書籍などから取り入れた免疫療法を行うことで
癌を消失することができました。

彼が取り入れた方法は、まず免疫を上げるための書籍を読み漁り、
知識を取り入れました。

その後、体温を上げたり、ラジウムによるホルミシス効果を活用した
免疫力向上を行いました。
ラジウム温泉とは、玉川温泉などの効果と同等の免疫力向上などの健康効果が得られる温泉のことです。

末期癌を自然消失させるために取り入れた免疫向上グッズと方法

icon-point3-1-gr アガリクスの飲用

icon-point3-2-gr ベッドで岩盤浴、ラジウムパワーが受けられるお利口さんという血流改善・免疫力向上グッズ

 

icon-point3-3-gr 放電灸

icon-point3-4-gr ラジウム水の飲用
ホルミシス効果と癌
ラジウム水が作れる鉱石

icon-point3-5-gr ストレスを軽減する生活を送り、自律神経を整えることで免疫力を向上させた

icon-point3-6-gr お風呂に入れてホルミシス効果〜ラジウム温水器

ラジウム温水器

本人にしたら、気持ち良いと感じるだけで、なんの苦痛も伴わない方法で
癌を消失させたそうです。

この時、やはり医師の指示とは反して、自らで治療を行うわけですから
医師から批判を受けたりすることはあったでしょう。

しかし、これを跳ね除け自分の信じる方法で
治療を行ったからこそ、彼は癌を克服できたといっても過言ではありません。

ラジウム温泉の効能やアガリクスの効能については、
別記事にて詳しく調べてお伝えしようと思います。

今回ご紹介した肺がん克服事例の詳細はこちらからご覧いただけます。

癌メッセージ

関連記事

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る