余命一ヶ月と宣告された白血病の知人が奇跡的に回復した意外な理由

a1380_001272

余命一ヶ月と宣告された白血病の知人が奇跡的に回復した意外な理由認可されていない試験的投与の薬が奇跡的な回復につながった。
知人が白血病を宣告されたのは、約2年前。
主人の友人で、発病したのはまだ若い35歳の時でした。

子供が生まれ、新居を構えたばかりの矢先のことでした。
病気が発覚する数ヶ月前から、腰が痛くなったり、アトピーのように体の皮膚がボロボロになったり、


いろいろな兆候があったのにもかかわらず、病気の判明が遅れたのは、
仕事が激務だったせいかもしれません。

長時間の時間外労働のストレスも病気発病の大きな引き金になっていたように思います。
彼はすぐにがんセンターに入院し、一般的な抗がん剤での治療が始まりました。

しかし、病状は一向に良くなることもなく、とうとう奥さんには余命宣告がくだされたそうです。

物心ついたばかりのかわいいさかり。
どんなことをしても生き抜きたいと思ったことでしょう。

そこに飛び込んできたのが、東京の大学病院でまだ正式に認められていない試薬があるので試してみないか?
という話でした。

彼は、一縷の望みをかけて、試薬を試すことになりました。
まだ、認可されていない薬を試すことができるのは、ごくわずかのかぎられた人だけです。
その一人に偶然入ることができたのは、本当に奇跡的と言わざるを得ません。

そして、あんなにも弱っていた彼は、その後安定的な病状となり、先日骨髄移植を受けることができたのです。
そして、現在は多少の生活制限はあるものの、自宅に帰えることが許可されたということです。

まだ、完治したとは言えないかもしれませんが、白血病で闘っている人の希望の光となることは間違いないのかもしれませんね。

現在、自分や家族が受けている治療は、最新の治療が行われているとはかぎらないこと。
さらに有効な手段があるのではないかということを家族一丸となって探していくことも
本当に大切なことだと痛感する出来事でした。

関連記事

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

ユーグレナ癌効果

2016.1.31

ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントが癌予防に効果的な理由

ユーグレナという完全栄養食というスーパー食材が健康維持はもちろん、様々な病気を治せる可能性があるとして注目を集めています。 ミドリムシ…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る