低体温改善でがん退縮!癌と診断されたらまずしなければならないこと。


低体温改善でがん退縮!癌と診断されたらまずしなければならないこと。低体温は万病の元!ガンの一番増殖する体温は35度以下の低体温状態です。

外部からの加温により、体温を36度後半にすることにより、癌が自然消滅する身体にすることができます。

人の体は、ストレスや緊張が加わることにより、交感神経優位となり、リンパ球が大幅に減少すると言われています。

リンパ球は主に、ガン細胞やウイルスなどを攻撃してくれる強い見方。

リンパ球を増やすことでさらに癌への攻撃力が増し、自分の力で癌を退縮することができるようになります。

リンパ球は、体温と比例して増加するため、ここでも体温を上げてあげることが重要になります。

短期間で効率よく体温を上げるために有効な方法

湯たんぽ療法は東京女子医科大学の斑目医師も推奨する治療法のひとつです。

ガン患者に5日間徹底して湯たんぽ加温を行った結果、リンパ球は5倍近くまでに増加、その後湯たんぽ加温を続けた結果、肺や脳の転移巣が消失された実例も報告されています。

これらの加温を効率的に行うには、就寝時の加温が必須となります。

癌が発見され、手術までしばらく時間がある場合、自己免疫力の向上が今後の生存率を左右することを認識すること。

医者まかせにせずに、自分自身が癌と戦うことに全力になることが一番大切です。

アメリカでは、抗がん剤治療や手術による病巣だけを取り去る考え方から、代替療法による癌の根本的な治療へと目が向けられつつあるといいます。

日本の医師の中でも、現代の西洋医学で癌が治ることに疑問をもつ医者が増えているそうです。

代替療法は、急激な治療効果の実感が薄い代わりに、根本的な体力を向上させることにより、本当に病気と戦う力をつけ、どんな難病すら治すことができる治療方法です。

代替療法の中枢となるものが、体温を上げる事にあると言えるでしょう。

健康な人も、病気になる前から、日々体温を上げることを意識することが重要です。

湯たんぽは固く扱いにくいイメージがありますが、今は耐熱シリコンで作られたとても使い勝手の良い湯たんぽが発売されています。

私自身も愛用しており、冷房対策から冬の就寝時など柔らかくて温かい感触が、心身共にリラックスさせてくれる湯たんぽです。

お腹に載せたり、足の下にしいたり、複数使いで短期間に体温と免疫力を何倍にも引き上げていきましょう。

入院している病室で使用すると、心細い病院生活も、心と身体を解きほぐし、生きる力を与えてくれるはずですよ。

ドイツ製安全性保障シリコン湯たんぽfashy(Amazon)商品一覧はこちら

関連記事

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る