不整脈、胸痛は心臓の機能低下ではなく、副腎機能の低下が原因の可能性を示唆!

zu

不整脈、胸痛は心臓の機能低下ではなく、副腎機能の低下が原因の可能性を示唆!

心臓に問題がなくても不整脈になる!意外な原因とは?

ある働き盛りの男性が、胸の痛みを訴え病院を受診したところ、不整脈がみつかり心臓病という診断を受けました。

たくさんの薬が処方され、毎日服用したものの、副作用による食欲不振、下痢やめまいなどが起こるばかりで、胸の重苦しい痛みは消えることがありませんでした。

この男性の胸の痛みや不整脈は実は、副腎という私達のホルモン分泌を司る臓器の異常が原因だったのです。

 

心臓の拍動を促すには、副腎から創りだされる副腎ホルモンのアドレナリンが必要です。

実は、この不整脈の原因は副腎の機能低下により、アドレナリンの分泌が低下したことにより、引き起こされているということまでは、西洋医学を中心に行う対処療法では考えられていません。

官足法という足の反射区を刺激する先生(官 有謀氏)の著書では、副腎の反射区を揉み続けることで、胸の痛みや不整脈を改善した事例が紹介されています。

副腎という臓器という、縁の下の力持ち的な存在をパワーアップさせることで、今まで原因不明だった不調や改善不能といわれた病気の改善に繋がることができるようになります。

副腎の反射区は、足の裏や手の甲にも存在し、その反射区を揉んだり、ツボを押したりすることで副腎の機能改善に働きかけることが可能になります。

副腎はすべての臓器や器官、生命維持に必要不可欠な大切な臓器

そもそも、副腎ってどんな役目をするの?どこにあるの?

そんなふうに感じた人も多いのではないでしょうか。

胃や肺、腸などと比べると、具体的になにをしている場所なのかわかりずらいですよね。

腎臓の上に存在する小さな臓器であるため、昔は不要な臓器とされていたそうです。

しかし、この副腎は生命維持に不可欠な50種類以上のホルモンを分泌する、とても大切な臓器です。

副腎は外側と内側に別れ、外側は副腎皮質、内側は副腎髄質と呼ばれています。

(副腎の外側)副腎皮質:コルチゾール、アルドステロン、DHEAなど

(副腎の内側)副腎髄質:アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン

これらは、体の機能はもちろん、脳機能を正常にし、精神の安定を保つためにも必要不可欠なホルモンばかりです。

過剰に分泌されても、不足してもなんらかの異常を生じてしまうために、常に副腎機能を正常に保つことが大切なことかご理解いただけるのではないでしょうか。

ストレスに強い人になるには、副腎の機能を高めればいい!?

過剰なストレスを抱え、体や心に異常を抱えてしまう人はたくさんいます。

ゆっくり休めば治る!誰もがストレスの対処法として、考えつくことです。

しかし、同じ外的要因、内的要因、環境によるストレスを受けても、ストレスの影響が違うのは、副腎機能の性能と大きく関係しているのです。

自分は精神的、メンタル的に弱いと思っていたのは、実は副腎機能がダメージを受けていただけなのかもしれません。

副腎機能を高める一番簡単な方法

管理人も以前のストレスが原因で、副腎疲労という病気を抱えていた一人でした。

しかし、反射区を足もみ板で刺激することで、今では疲労感も軽減され、ストレスに対する抵抗力、精神的活力などすべてに対し良い影響を得られることができるようになりました。

私が使っている官足法足踏みマット(激痛ですが効果抜群です!)

しかし、最初は激痛を伴うので覚悟が必要です!

身体が弱っている人ほと、激痛で立っていることすらできませんが、2週間ほどで足踏みできるようになり、足の裏の老廃物も排出され、体全般に良い影響を実感できるようになります。

 

あなどるなかれ!足つぼの威力

私が足つぼに興味を持ったのは、一冊の本がきっかけでした。

24歳のときに発病した8センチ大の甲状腺がんを手術予定日までに足もみだけで消失したという体験をされた近藤愛紗さんの足もみ法です。

彼女の本には、乳がん、子宮がん、白血病、前立腺がん、甲状腺がん、不妊症、生理痛、子宮筋腫、糖尿病、アトピー性皮膚炎、心臓疾患、高血圧など病気に対応したもみ方が詳しく解説されています。

 

青あざができ、骨折するくらいゴリゴリ揉め!

この近藤さんの足もみは、すごい効果がある反面、世界一痛い足もみであることで有名です。

しかし、そのくらい強く揉まないと効果が期待できないのだそうです。

やっぱり、自分ではどうしても力加減をしてしまうので、自分で世界一痛い足つぼマッサージは難しいですね。

痛いし、時間もかかる・・・。3日坊主で終わってしまうのです。

 

自宅で毎日近藤さん級の足つぼを受けたい人に朗報です!

自分の体重を利用して足もみを行うことができる足踏みマットを使って足もみをすることがおすすめです。

官足法という足つぼの元祖の先生が生み出した特殊形状で、市販に売っている足つぼマットとは価格も性能も痛みも全く別物です。

一度に両足全部の足つぼが刺激できるし、激痛を伴うレベルのマッサージが誰でも簡単にできてしまいます。

 

毎日5分の足踏みだけで、今まで悩んでいた体の不調が嘘のように消えてしまうのも夢ではないくらい強力な威力なので、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る