フコダインの60倍の免疫賦活効果!?ブロリコのNK細胞活性化効果とは?

ブロコリとフコダイン

フコダインの60倍の免疫賦活効果!?ブロリコのNK細胞活性化効果とは?

ブロリコはこれからの癌治療で救世主になりえるか!?

1ヶ月のブロリコ服用で1割程度のNK細胞の活性化効果

近年NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を中心とした自然免疫を高め、進行した癌を治療する方法に注目が集まっている。

中でも、フコダインを導入している病院は多く、その効果はたくさんの医療関係者でもたくさんの症例から証明済みです。

しかし、最近新たな研究で発見されたブロッコリーから特殊製法で抽出されたブロリコという成分がフコダインの60倍、アガリクスなどのβグルカンの50倍、プロポリスの1000倍の免疫賦活が確認されたとされ注目を集めています。

ブロリコの癌治療効果はどの程度のものであるのか、また他のNKの細胞活性療法と比較してどの程度違いがあるのかについて検証してみたいと思います。

NK細胞と寿命、病気治癒力の相関関係

同じ治療を行っても、治る人と治らない人がいるし、癌治療においても、転移する人といない人がいます。

これらの違いの一つの要因に、NK細胞を始めとする免疫力の強さが関係していることは間違いありません。

これらの免疫細胞は、ストレスや恐怖にとても弱い性質を持っているので、ガン宣告によるショックや手術などの恐怖、病気への不安などで簡単に減少したり弱まってしまいます。

そのため、心理的不安因子を取り除いたり、食事などから少しでも免疫細胞が減少したり、弱まったりすることを防ぐ必要があるといえるでしょう。

その一つの方法としてブロリコという成分に大きな注目が集まっています。

NK細胞が多く、活性化されている人ほど、寿命が長く、病気の治療効果も格段に向上するといわれています。

高度活性化NK細胞療法という治療法の効果

末期がんなどの抗癌剤を始めとする治療に効果がなく、すでに手の施しようのないという患者さんが多く訪れるといわれる高度活性化NKの細胞療法は、自分自身の血液を少量採取し、2週間という期間でNK細胞を数百~数千倍に増加させ、体内に戻すという方法です。

通常健康体の人の体内には1億個程度のNK細胞が存在するといわれていますが、高度活性化NK細胞を行った後は、10倍の量のNK細胞となるそうです。

副作用はまったくなく、とても効果の高い治療法ですので、ぜひ癌が進行する前に受診したほうが、より効果的であるといえますが、治療費は保険適用が認められず、1クール20万程度と高額であることと、治療を受けられる病院が限られていることなどから一部の富裕層の患者さん中心の治療となってしまうのもやむを得ないことかもしれません。

抗癌サプリメントから何を選択するかで癌を克服できるかが決まる!

世の中には、たくさん癌に効果があるといわれる食品やサプリメントが存在します。

癌と診断されて、医師に言われた治療のみで、自分自身の免疫ケアをしていないという場合はとても危険であると言えるかもしれません。

それは、抗癌剤や放射線治療を受ければ受けるほど、自分の身体の免疫細胞が減少したり傷ついて本来の悪者(癌細胞やウイルスなど)を排除するといった生命維持機能が低下してしまうからです。

 

上記でもお話したとおり、もし今現在で癌治療の最高峰といわれるフコダインの60倍の免疫賦活作用が発揮されるのであれば、コストパフォーマンスの上でも効果の上でもトップクラスといえそうです。

ただ発見されてから歴史が浅いため、まだ具体的な治療における症例はネットなどではほとんど紹介されていませんが、実際にブロリコ本社に寄せられる喜びの声は毎日百通を超え、効果を実感されている方がとても多いそうです。

ブロリコって本当に効果があるの?

残念ながら、市販されているブロッコリーをいくら食べても、このブロリコという成分のような免疫賦活作用は期待できないとのことですが、緑黄色野菜でありアブラナ科のブロッコリーはとても健康効果の高い食材です。

ブロッコリーの発芽したてのスプラウトの中のスルフォラファンの中にもすばらしい抗癌効果があるとして注目されています。

アガリクスなどは、栽培する上で栄養のある土地や栽培環境などがとても重要であるため、価格はとても高額となりますが、ブロッコリーであれば日本のどこでも栽培できるので、比較的安価に大きな免疫賦活作用が期待できるのではないでしょうか。


 

免疫力を底上げできる成分であるブロリコは癌治療だけでなく、様々な病気に効果

  • 頻繁に風邪や病気にかかりやすかった病弱体質から脱却できた。
  • 頻繁に口内炎が出来、治りにくかったが最近では口内炎ができづらく、できても3日で治るようになった。
  • 原因不明の体調不良がよくなった。
  • 腎臓摘出手術の跡、消化機能の低下のため食事も制限していたが、ブロリコに出会うようになってから体調がとても良くなった。
  • 便秘が解消し、コレステロールが正常値になった。
  • 前立腺肥大で尿が出づらかったがスムーズに排尿できるようになった。

ブロリコについては、販売元へ資料請求することで、詳しい資料と免疫学の先生のブロリコについての解説のDVDが無料でもらえますので、ぜひ一度ブロリコのメカニズムと自分の身体にとって必要であるかを自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

ブロリコを飲み続けて1ヶ月の血液検査で、平均1割のNK細胞の活性化が認められたと資料には掲載されています。

自然な食材から作られたブロリコにより人が持っている本来の自然治癒力を引き出すことができるなら、こんなに素晴らしいことはありませんよね。

癌の進行をかなり食い止める一助になり、続けることでさらに細胞の活性化が期待できるのであれば、予防医学や難病などの治療などに今後大きな期待が持てそうです。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る