ストレスが胃潰瘍や胃がん、大腸炎など粘膜障害を引き起こすメカニズム

ストレスと病気

ストレスが胃潰瘍や胃がん、大腸炎など粘膜障害を引き起こすメカニズム

安保徹先生の著書「免疫革命」から、ストレスと病気の相関関係について詳しくみていきたいと思います。

「ストレス→交感神経緊張→顆粒球過多→組織破壊」のメカニズム

ストレスが多いと病気を発症するということは、誰もが知っていることでも、どのようなメカニズムで病気になるのかを説明できるという人は少ないようです。

このストレスと病気の関係は、自律神経系の副交感神経と交感神経に大きく関係があるといわれています。

ストレスを抱えると、人は緊張したり恐怖心を抱えたりすることで、交感神経過多の状態に追い込まれます。

そのときに血液の中の顆粒球(細菌を攻撃し、死滅させる役目)が増加することになります。

この顆粒球は、最近などの外敵も攻撃するとともに、活性酸素と同じく自分の身体の組織を攻撃してしまうのです。

悩みや心配事、不安などを抱えていると顆粒球増加による組織破壊が次々におこり、粘膜障害や皮膚破壊などが引き起こる理由がここにあるというわけです。

 

ネズミにストレスを与えた動物実験の結果

ネズミをストレスがかかる状態においてから、観察すると血中や組織の中の顆粒球が増加し、粘膜破壊をおこし、潰瘍ができるのことを動物実験でも観察されました。

短期的なストレスであれば、体への影響は少ないものの、長期的に持続するストレスを抱えることは、私達の体にとって大きな影響を与えるということのようです。

 

交感神経緊張は万病の元、ストレスを取り除けば病気は治せる理由

ストレスによる顆粒球過多により引き起こされることが多い病気には以下のようなものがあります。

ガン、膠原病、急性膵炎、急性腎炎、突発性難聴、潰瘍性大腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、歯槽膿漏、クローン病、痔疾患

つまり、このような病気になったら、自らがストレスを抱えないためにできることはなにか?

考え方を変える、環境を変えるなどストレスの対処法は様々な方法が考えられますが、少なくとも病気そのものに対する対処療法を行ったところで、根本的な治癒には至らないことはあきらかです。

膠原病とストレスとの関係

膠原病は、とても症状が多く、たくさんの名称の病気が含まれます。

慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、橋本病、甲状腺機能亢進症、シューグレン賞、ベーチュット病、紫斑病、自己免疫性肝炎など50近い病気があるといわれています。

これらを発症する患者さんの共通点は、強いストレスを抱えているということと、風邪や発熱をきっかけにして発病しているということです。

これらの病気が引き起こされる理由は、免疫力が低下し、内在したウイルスが活性化して組織破壊が起こります。

組織破壊を修復しようとして、血流がおしよせて炎症を起こすメカニズムです。

つまり、ストレスによる極端な免疫力低下が発病のきっかけとなっていると説明されています。

ストレスをなくすために自分自身でできること

ストレスを抱えやすい人とストレスを感じづらい人

同じ場所で同じことをしているのに、過剰にストレスを感じてしまう人と全くストレスを感じない人がいます。

この違いはなんなのでしょうか・・・。

ストレスを抱えやすい時は、えてして環境や周囲の人がストレスの原因であると感じている場合が多いようです。

また、今ある状況より、もっと上を目指そうと永遠にゴールにたどり着けないという思考を持ち合わせている人が多いのも特徴です。

このように常に成長を求めることは、仕事や学業ではプラスになりますが、健康面にとってはマイナスに働いてしまうことが多いようです。

 

今目の前にあることを当たり前と感じるのではなく、自分にも他人にも感謝して満足する。

できないことは、できない。無理なことは無理と他人と比較せずに、良い部分をみつめてみる。

ときには負けを認めて他人を褒め称える余裕が必要なのかもしれません。

そんな考え方に転換できたなら、ストレスが激減し、健康という宝物を引き換えに手にすることができるのではないでしょうか。

 

関連記事

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

高濃度ビタミンC点滴療法

2013.12.2

ビタミンC高濃度点滴療法の替わりになるサプリメントを探してみました

自宅で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法はないものか・・・。そこでサプリメントタイプで口から接種できる吸収性の良いビタミンC剤を探してみまし…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る